スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by you
 
[スポンサー広告
ロックアウトが終了。新しいシーズンに向けて。
Twitter - @RayRice27- Thanks football fans every ..._1311673525137
http://twitter.com/#!/RayRice27/status/95611512458194944 (via @RayRice27)


ロックアウト終了
日本時間で月曜日の深夜に労使協定合意が速報され、翌朝には正式にロックアウト終了が報道されました。合意したのが日本時間で深夜ということでアメリカ現地では未明のうちのこと。現地時間7月25日 月曜日 午前3時52分だったようです。これをもって停滞していたNFL関連のニュースはガラっと様変わり。早速、FAやドラフト外ルーキーといった契約関連のなだれ込んできています。いちNFLファンとしてはCB Nnamdi AsomughaやQB Kevin Kolbの行き先、いちAFC North民としてはBengalsのQB人事あたりが最も気になるところ。

日本でも多くのNFLファンがそれぞれに喜びを表現していて、私も同じように喜びました。アメリカではNFL関連一色のようですが、一番嬉しいのはやはりNFL選手、特にルーキー達でしょう。2巡で指名したTorrey Smithはさすがにテンションマックスでした(笑)。なにはともあれ2011年がほぼ予定通りに開催されることを嬉しく思います。これまで労使交渉について辛抱強く邦訳していた方々、本当にお疲れさまでした。

弊ブログはドラフト後が終わって指名選手紹介とアメフト世界選手権についてのんびりと書いてきました。のんびりしすぎて、あるいは寄り道しすぎて指名選手は6巡までの計7人までしか終わらず、7巡で指名したAnthony Allenについては未だ書き終えていないという状況です。下書きはできているのですが、もう少し加筆したいので日を遅らせてアップします。

他に緊急性はないと思いため込んでいたニュースもいくつかありますので後日まとめる予定でいます。とりあえず先に三人の結婚について簡単に。Joe Flacco,Haruki Nakamura,Ben Roethlisberger(リンク先は写真集)、おめでとう。それぞれ、お嫁さんが息をのむほど美しいですね。まさに美女と野獣。

 ◇Read more

スポンサーサイト
Posted by you
comment:0   trackback:0
[Baltimore Ravens
【世界3位 日本代表】 第4回 アメリカンフットボール世界選手権
目次

・日本代表は世界3位
・アメリカンフットボールのゆくえ
・“スタジアムに観戦しに行くこと”
・なでしこジャパンに関連して
・世界選手権 閉幕
・追記・女子プロアメフト
・Video/Score/Review
・Link
・参考HP



日本代表は世界3位

1 アメリカ
2 カナダ
3 日本
4 メキシコ
5 ドイツ
6 フランス
7 オーストリア
8 オーストラリア

第4回 世界選手権は決勝リーグの結果より最終的に以上の順位がつき無事に全日程が完了しました。見事に優勝したアメリカは1位決定戦でカナダを大差で下すなど圧倒的な存在感。予選と1位決定戦を合わせたスコアが176得点に対して失点はわずか21点と、いずれもトップの成績で完全優勝に近い戦いぶりでした。

一方で、日本は予選リーグ3戦目でカナダに惜敗。そのカナダは次の試合でアメリカに大差をつけられてしまい、この結果は日本は優勝までの壁の高さを感じざるを得ないものとなってしまいました。日本はこれまでの大会のような試合運びはできず、力差があると思われたオーストリアとフランスに対して24-6,35-10というスコア。むろん、スコア通り快勝には間違いないのですが過去の大会から見ると、ややもの足りないスコアに見えます。なぜそうなったか。その理由はおそらく単に力不足ではなく、タイトなスケジュールと前評判の高いカナダ戦を踏まえてゲームプランを組み立てていたからだったのでしょう。

フランス戦ではQB陣に高田選手と東野選手に加えて菅原選手をバランス良く起用し効率の良くパスを繰り出していたように、はじめの2戦はチーム全体でカナダ戦に挑む準備を上手く進めていたように見えました。私も正直に申しますとスコアの開き具合に対して直感的に不安を感じていた。しかし、よく見るとその試合ぶりは上述したような理由を裏付けていました。

そして日本はこれらの準備をカナダ戦に上手く活かせたように思います。結果的に負けてしまいましたし、この見方を疑問に思う方もいるでしょう。たとえば選手の起用方法だったり序盤のオンサイドキックだったり、私もいくつか印象の悪い点は思い浮かびます。しかし、それらはやはり結果論なのでは。悪いところはどうしても目について離れないですが、スクリメージプレーの選択や選手の動きなど総じてとても良かったのではないでしょうか。

それでも負けてしまったのは、悔しいですが力の差でしょう。そしてそのカナダに大差で勝利したアメリカはとても大きく見えます。4年後には第5回が予定されていますが、それまでにどこまで力をつけることができるでしょうか。

 ◇Read more

Posted by you
comment:0   trackback:0
[ame-foot
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。