スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by you
 
[スポンサー広告
2010 Week2 BAL@CIN 【Preview】
56141538.jpg
(Baltimore Sun photo by Gene Sweeney Jr. / September 13, 2010)

CIN@NEを録画で観ました。
ディフェンスは止まる気配なし,オフェンスはスロースタートすぎた。
序盤でもう少し踏ん張れていればば総合力を見る限り
接戦または逆の結果になっていたんじゃないでしょうか。
オフェンス
昨季はC.Bensonに100yd以上のラッシングを許し
「1人のRBに100yd以下で抑える」連続試合数の記録を切られたのは苦い思い出。
BengalsはオフにドラフトとFAでWR,TEを補強。
C.Palmerの繰り出すパスオフェンスは威力,守りにくさが増し
点差が開きパスで追う展開になってからも十分に戦えていた。
TEに問題を抱えていたBengalsであったが
ドラフト1巡で獲得したJ.Greshamはメインターゲットとしても
チェックダウンターゲットとしても機能し6捕球。
ラン中心の展開になれば活躍の場はもっと増えるはず。

試合が序盤から大差になってしまったのでPatriotsはニッケル,ダイムと
LBの代わりにDBを多く置くディフェンスを展開していたため
フィジカルのミスマッチを狙えるC.Bensonのランが
効果的に出ていたしチームも何回も使っていた。
オフェンスのスキームは参考にしにくいですが
レベルの高いバランスアタックが十分に可能で止めるのはかなり難しい。

ディフェンス
ライン戦が上手くいかずディフェンスが十分に機能しなかった。
4メン,5メンでもT.Bradyはポケットで余裕のあるパスを許す。
ランディフェンスではタックルミスが目立った。
L.HallとJ.JosephのCBタンデムは健在。
昨季はかなり苦しめられた記憶が、、
こちらもWRの補強をしたのでどの程度抵抗できるだろうか。
いずれにせよ3枚目以降のCBやSとのマッチアップの
ミスを狙うのが最も賢明でしょう。
Patriotsと同じようにライン戦で少しでも上に立つことができれば話は明るいはず。

近況
RavensにロスターカットされPatriotsに行っていたP.MillerがPSに戻り。
既に上限の8人がPSにいたので彼の枠を作るためにB.McCannを放出。
P.MillerはPRとしての能力を高く評価されている。

試合前ということでTwitterでBengalsの某WRとRavensの某RB2人の
間で舌戦が起きた。試合を盛り上げるため?
詳しくはこちらで→http://twitter.com/youyouyou0/status/24577616033

土曜日から月曜日まで家に戻らないので試合を観戦するのは
火曜日の夜になると思います。辛くも開幕戦をとれたので
少しは余裕を持って観ることができそう.JETS戦は終始胃がキリキリしていました (笑)


PLAY LIKE A RAVEN


日本時間
9月20日(月)2:00~
BAL@CIN

Baltimore Ravens - People - Injury Report_1284895590770
Posted by you
comment:0   trackback:0
[2010 Season game
comment
comment posting














 

trackback URL
http://youyouyou0.blog119.fc2.com/tb.php/178-92b99103
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。