スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by you
 
[スポンサー広告
2010 Week5 DEN@BAL 【Review】
Baltimore Ravens - Gameday - vs Broncos_1286800188548
NFL JAPAN.COM 動画
Gameday

試合内容
Ravensのレシーブで試合は始まる。
リターン中にホールディングがあり
自陣深い位置からのオフェンスとなる。
R.Riceへのパスでこの最初のFD更新を果たすと
Broncosは前半のタイムアウトを1つ消費する。
LBとHCの間で会話が行われましたが
BALが特別な動きをしたようにも見えないのでアサイメントミスの修正でしょう。
激しいプレッシャーをかけるディフェンスに対し
PAパスでE.Dixonへの長いパスが成功。
一気に相手陣に食い込みチャンスをつかんだRavensは
敵陣1ydまで攻めこむもギャンブル失敗で先制のチャンスを失う。
序盤のBroncosのオフェンスはWRを中央に集める
タイトな体型からランを中心に攻めるが
最初のオフェンスはパントに終わる。

2回目のRavensのオフェンスはJ.Flaccoがデザインされた
ランを数回使用しファンの目には新鮮に映った。
(試合後の記事では「なんだあいつ。動けるじゃないか」
みたいなこと言われてます。後のプレーでは
ラッシュをかきわけてスクランブルで
FD更新というプレーもありました。)
敵陣1ydまで攻めこむとQBスニークでTD。
2回目のBroncosオフェンスもパントに抑える。

D.Masonへのエンドゾーン内へのパスで
ディフェンスのパスインターフェアランスの反則があり
3度目の敵陣1ydへ。R.RiceのTDで点差を14点とする。
この直後のカバーチームでJ.Phillips(#58 LB NFL2年目)の
ハードヒットがD.Thomasの太ももに入りファンブルを誘発し
こぼれたボールをRavensの選手が確保し再びRavensのオフェンス。
37ydのFGを決め17点と差を引き離すことに成功する。

その後の両チームのオフェンスはパントに終わり
前半の残り時間が2分を切ったところでBroncosのオフェンス。
反則などがあり進んだり戻ったりするBroncosはFGを蹴って
前半を終えるかに思えたがK.Ortonから放たれた長いパスが
B.Lloydにヒットし点差を10点に縮めて前半を終える。

後半最初の得点はRavens。
J.FlaccoのスクランブルでTDで7点を追加。
このあたりからBroncosはパス中心で
ミドルからロングまでパスを投げ分けた。
敵陣で4thDown3ydとなりギャンブルも考えられたが
ここはFG。難なく成功とする。

その後のRavesは時間の消費をしながらランで攻める。
敵陣に入り尚ランを中心に攻めると
W.McGaheeの30ydTDランが生まれる。
残り7分を切り21点。
ロングパスとオンサイドキックを強いられる
Broncosは積極的な攻撃を試みるがパント。

その後のRavensもパントで終わる。
ロングパスを続けるBroncosは残り80秒から
維持の44ydTDパス。B.Lloydにとって
この日2つ目のTDパスキャッチとなった。

オフェンス
激しいブリッツに対してパスプロが上手くいったため
ボールコントロールもしやすかった。
2試合連続でサックを1にとどめたのは
OLにとってもQBにとってもかなり良い結果。

R.RiceはQuestionableだったとは思えない動きで
ランオフェンスに今季初めて火を付をつけた。
試合最初のゴール前オフェンスでギャンブル失敗となった
ことは反省点だが試合中に解決したのであまり気にせずに。

そのギャンブルですがこのプレーではTEの位置にH.Ngataがセットし
いかにもランプレーをするぞ、と見せかけてPAパス。
H.Ngataをエンドゾーン内へ走りこませ、さらに意表をつくものだった。
しかし決め打ちに見えるこのパスはカバーされ失敗。
10回やって5回成功するか、というプレーに見えました。
素直にランでいくか、またはロールアウトのパスで
十分だったのではないでしょうか。

ディフェンス
フロントに選手を集めて様々な選手がブリッツに入った。
これが有効に働きロスやサックを奪うプレーも多く見ることができた。

Previewで書いたD.Ellerbeは予想通りプレーの機会が多く
期待通り良いプレーをしてくれた。
他にF.Washingtonのパスカットで目立った。

パスでの喪失ヤードが300ydを越えた。
うち約100ydは前半と試合の終了間際のロングパス。
前半終了間際のTDパスは絶対に避けなければならない
プレーでこれは2度してはいけないミス。

課題
この試合内容と勝利はかなりの応援側として自信になったので満足。
しかし、課題がないことは当然なく
パントリターンチームはまだまだ改善必須です。
長い間悩まされた反則は少なくなってきているので継続して欲しい。
次も厳しい相手ですがこちらも調子は悪くない。期待。
Posted by you
comment:0   trackback:0
[2010 Season game
comment
comment posting














 

trackback URL
http://youyouyou0.blog119.fc2.com/tb.php/203-1533c0d3
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。