スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by you
 
[スポンサー広告
2010 Week6 BAL@NE 【Review】
Baltimore Ravens - Gameday - at Patriots_1287496119693
NFL JAPAN.COM 動画
Gameday


試合内容
試合はRavensのレシーブで始まる。
ランとパスで徐々にボールを前に運び計8分のドライブ。
レッドゾーンに侵入するも決め手を欠いて最後はFGで3点。
この後Patriots,Ravensとパントで終わる。
Patriotsは2回目の攻撃権を得ると
TEのA.Hernandezがボールをキャリーするリバースプレーと
WRのB.Tateがボールをキャリーするリバースプレーで
大きく前進し最後はB.Green-EllisのランでTDを奪い逆転する。

2Qに入るとT.HeapへのTDパスでRavensは逆転に成功。
その後のPatriotsはパント。
たRavensは再び攻撃権を得る。
B.MeriweatherがヘルメットでT.Heapのヘルメットへヒットをし
これがパーソナルファウルとなり15ydの罰退。
T.Heapはサイドラインに下がり脳震盪のチェック。
この次のシリーズでフィールドに戻りました。
一方、ヒットをしたB.Meriweatherは
(おそらく)チームによる懲戒のため一時サイドラインに下げられる。
このシリーズは結局パント、その後はPatriotsもRavensも攻めきれず
パントを蹴り合うと前半終了。Ravensが3点をリードして後半へ。

Patoriotsのレシーブで試合再開。
激しいブリッツでT.Bradyの球が浮くと
それをC.CarrがインターセプトしPatriots陣内でダウン。
J.FlaccoからA.Boldinへの25yd TDパスが決まり点差を広げる。
その後両チームFGで3点づつ追加点をあげると
この日絶好調のD.BranchへのTDパスが決まる。
3点差に迫るとその後のRavensのオフェンスを
パントに抑えるとFGを決めて遂に同点。
残り1"51とFGで再び逆転するのには十分な時間であったがあえなくパント。
残り時間わずかでPatriotsはヘイルメアリーパスを試みるもインターセプト。
そのまま試合はオーバータイムへと突入。

コイントスに勝利したのはRavens,レシーブを選択し試合は再開する。
お互い攻めあぐねパントが続き遂に残り時間2分を切る。
ここまできてようやくチャンスをつかんだのが
Patriotsで敵陣深くまで攻めこむと
無難にFGを決め長時間にわたる試合の幕を閉じる。

オフェンス
3Q途中までは良いリズムをキープできていたが
4Qからのプレーコールは疑問。

→4thDownショートでギャンブルを回避
これには多くのファンやアナリストが不満を寄せていますが
私も同じように試合中にもやもやしていました。

試合中1度DL3枚を中央のギャップに固めるセンターイーグルに対し
ノーゲインで終わるシーンもありましたが
それだけでひるむ理由にはなりません。
思えば先週のBroncos戦でG前で攻め切れませんでしたが
ショートヤーテージの獲得にランを使うことに
チームはネガティブに考えすぎだと思います。
結果的に敗戦となったのでチームも考え直してくれるでしょう。

→パスオフェンスの展開
チェックダウンでショートゲインも良いのですが
同点に追いつかれてからのチェックダウンに投げて終える
タイミングが早く感じました。
1対1を見極めて反則狙いも含めた
ロングパスを試みてもよかったのではないでしょうか。

ディフェンス
W.Welkerに重心をおきすぎたためか
チームに戻ったばかりのD.Branchにいいようにやられ
どっちつかずとなり結局最後まで掻き回された。

今回もキーにしていたD.Ellerbeですが
OLのブロックに押しこまれすぎているプレーが目立った。
彼のパスディフェンスはある程度信頼できるのですが
あそこまでやられるとランディフェンスはキツい。

オーバータイムではよく粘ることができたと思います。

頭部へのヒットについて
B.Meriweatherは自分のヘルメットを使って相手のヘルメットに
ヒットをしたことにより5,000ドルの罰金。今週、このような事例が
多発したことをうけてリーグはこのような反則を犯した選手に対し
出場停止処分を下すことを検討しています。

広く知られていることですが頭部の強打、特に脳震盪を繰り返すと
残りの人生に大きく影響を及ぼすような後遺症を残す可能性が高くなります。

強烈なヒットは観ていて痺れるしフットボールの魅力の1つだと思います。
しかし、向こう見ずに見えるようなプレーはいただけない。
フェイスマスクやレイトヒットの反則と違い
ヘルメット同士のヒットのは防げる場合が多いと思います。

パフォーマンスの味が落ちる。ディフェンスが不利になる。
それらは選手の健康より大切なことでしょうか?
Posted by you
comment:2   trackback:0
[2010 Season game
comment
インチを取りに行くのにQBスニークにこだわる必要はないと思いました。

なにか弱気な部分が見えた敗戦でした

まぁ気持ちよくビルズに勝ってバイに入ってくれるでしょう
2010/10/22 10:07 | URL | edit posted by SHO.T
>>SHO.Tさん

コメントありがとうございます。


ビルズはここまで全敗とはいえByeを挟んでいるため
十分に準備を重ねて試合に挑んでくるでしょう。

弱気なプレーコールは次週の試合で改善を示して欲しいです。
2010/10/22 22:39 | URL | edit posted by youyouyou0
comment posting














 

trackback URL
http://youyouyou0.blog119.fc2.com/tb.php/205-7c5a9fbe
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。