スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by you
 
[スポンサー広告
2010 Week11 BAL@CAR 【Review】
Baltimore Ravens - Gameday - at Panthers_1290508206886
NFL JAPAN.COM 動画
Gameday
試合内容
Panthersのレシーブで試合開始。
3rd Downでスナップミスがありパント。
対するRavensは2プレー目でT.Houshmandzadehへ
ロングパスを試みるとこれが56ydの先制TDパスとなる。
Ravensはこの後のPanthersの攻撃をパントに
抑えるとFGで3点を追加する。
ランが冴え出したPanthersはM.Goodsonのロングランで
大きく前進するとFGを成功し3点を返す。

次の攻撃で再び敵陣に攻め込むRavensであったが
ハンドオフを受けたR.Riceがボールをファンブルし
Panthersの選手がこれをおさえ攻撃権を譲ってしまう。
このプレーはT.HoushmandzadehがQBの後ろで
ハンドオフを受けるフェイクを入れて
R.Riceがキャリーするというデザインのプレーでした。
R.Rice1人の勘違いによるターンオーバーです。

この後のPanthersの攻撃をパントに抑え50yd付近から攻撃権を得る。
悪い流れを断ち切ることに成功するとR.Riceを中心に
敵陣に攻め込み最後もR.RiceのTDラン。
アサイメントミスの汚名を返上する。
この後は両チーム無得点で前半終了。

17点のリードに成功したRavensはルーキーD.Reedの
好キックリターンが生まれチャンスをつかむと
FGに結びつけこれを成功。
その後のPanthersにもビッグリターンが生まれ
同様にFGに結びつけて成功する。
その後はRavens→Panthers→Ravensとパントの蹴り合い。

試合が4Qに入ると
J.Wilsonから大きくセパレートしたWR D.Gettisへの
パスが決まるとそのままエンドゾーンに走り込み88ydのTD。
その後の両チームの攻撃はパントに終わる。
RavensのK B.Cundiffが49ydのFGに成功し3点を追加。
7点に迫られたリードを10点に広げる。

残り時間約6分からの10点を追うPanthersは
パス中心のオフェンスに切り換えると
B.St.Pierreは3rd DownのパスでE.Reedにインターセプトを許す。
E.Reedはリターン中に自らの右を走るD.Landryにラテラルパスを投じる。
ボールを受けたD.Landryはタックルをかわし
今季初のディフェンスによるタッチダウンを記録。

Panthersは再びパスで反撃を試みるも今度はR.Lewisがインターセプト。
自らエンドゾーンまで運びタッチダウンを決める。
この後両チームがパントを蹴り合い
Panthersの攻撃中に残り時間0秒となり試合終了。

オフェンス
"skin issue"とされていたC.Chesterですが予想通り感染症だそうです。
1,2週間の離脱が見込まれています。
この日は代わりにT.MollがRG,M.YandaがRTがスターターとなりました。

R.Rice,J.Flacco,A.Boldinとオフェンスの核が
それぞれファンブルを犯し、そのうち2つがロスト。
パスプロはノーネームのDLに押されてキツキツ。
OLがフルメンツではない影響は大きいはずですが
もう少し良いオフェンスは組めたはずです。

ディフェンスが14得点ということでオフェンスの得点は23点。
上々に見えますが、あまりにもぐだぐだでストレスがたまった。
今回の試合は結果を見てからの観戦だったのが救いでした。

余談ですがこの日はT.Heapがキャッチすると
"Hea---p"と歓声があがりました。
ホームでしか出来ないことだと思っていましたが
この日のバンクオブアメリカスタジアムのRavensファン占有率は
かなり高かったと思われます。

また、D.MasonとJ.Flaccoが口喧嘩が問題に
なっています。大丈夫だとは思いますが
深刻化したらブログで取り上げてみますね。

ディフェンス
3rd Downコンバージョンを1/13 7%に抑えたことは良かった点。
オフェンス低迷中でさらに3番手QBのB.St.Pierreが
スターターとなればここまで抑えてやっと及第点という状況ですね。
…この先も勝ちを重ねるつもりなら。

RBも3番手でしたがカットバックに大きく振られて
ロングゲインを多く許してしまい終わってみれば22回120yd。
ILBの問題がいよいよ深刻になってきました。
使いわ分けをして1人のLBに固定していないのも
影響しているのかもしれません。
私はD.Ellerbe推しですが、どうなることやら。




2人の大御所のおかげでディフェンスからようやく得点が生まれました。
「負けるかも」と思い始めた時だったのでグッドジョブです。
E.Reedのラテラルはこれまで何度もお目にかかりましたがやっぱ良いですね~。

記録
この試合はT.Houshmandzadehの通算600キャッチ達成に
始まり記録づくしとなりました。
他の記録は以下の通り。おめでとうございます。

T.Houshmandzadeh
通算600キャッチ
D.Mason
通算900キャッチ(リーグ史上13人目)
E.Reed
通算50インターセプト
R.Lewis
通算30インターセプト

Posted by you
comment:2   trackback:0
[2010 Season game
comment
何はともあれ勝ててよかったw
E.ReedのINTからLandryにトスしてそのままTDはかっこよかったですね~
(決まったから良かったもののファンブルしたらどうなっていたか・・・w)
残り3戦もディフェンスが鍵を握ると思うので
この調子で頑張って首位でレギュラーシーズンを終えてほしいです><
2010/11/26 17:10 | URL | edit posted by syouj7749i
>>syouj7749iさん

コメントありがとうございます。

残りの試合、そしてプレーオフで勝ち上がるには
ディフェンスは非常に重要になってきますね。
次週のバッカニアーズも強敵ですが
その次の週のスティーラーズ戦のためにも
勢いをつけることができると良いです。

シーズンも終盤。日本からの応援も頑張りましょう!
2010/11/27 00:07 | URL | edit posted by youyouyou0
comment posting














 

trackback URL
http://youyouyou0.blog119.fc2.com/tb.php/220-c41bdea9
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。