スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by you
 
[スポンサー広告
2010 Week15 NO@BAL 【Preview】
tumblr_ldg2ri8Sfb1qcs18zo1_500.jpg
(via Tumblr)

マンデーナイト明けということでSaints戦をショートウィークで迎えます。
Steelersに破れホームの連勝はストップしてしまいましたが
それでもいくらかはホームで戦える強みはあるでしょう。
ちなみに今週は黒ジャージを纏うそうです。

プレーオフに滑り込めても今のようにモタモタした試合運びでは
頂点に辿り着く前にひどい負け方をするのは目に見えています。
昨季の王者で今季もNFC Southという厳しい地区で10勝3敗(ATL,ARI,CLE)を記録している
Saintsに良い勝ち方を期待するのも酷ですがこの時期に下手な試合は絶対にできません。

激しい削り合いになる予感。


vsオフェンス
D.Breesのインターセプト多発が悩みの種のようですが、それでもなお強力。
多彩なプレーコール、4th Downギャンブルも躊躇しないアグレッシブな姿勢
と、敵でさえなければ見るのが楽しいオフェンスだと思います。
大型WR Marques Colston、RBトリオPierre Thomas,Reggie Bush,Chris Ivoryと
挙げるときりがなく、どの選手もビッグプレーの能力を備えています。

ミスを誘い、ターンオーバーのチャンスは確実に手中にすることが重要。
7点以下に抑えるのはほぼ不可能だと思うので
そこは割り切って、とにかくビッグプレーでのTDを許さないこと。
長くドライブさせればミスは必ず出ます。
その話題になるとこちらのディフェンスのスタミナ不足が指摘されますが
DCの言葉通り選手起用の改善が上手くいくことを期待。

vsディフェンス
Rams戦を観ていたらセーフティーのR.HarperがS.Jacksonからファンブルを
誘発しており、かなり驚きました。彼にとって、562タッチぶりのファンブルだったそうです。

インターセプト、ファンブルフォースとどの位置からでも
ボールを積極的に狙い、それが成功しています。
ブリッツも激しく、おそらく今週の試合でも多く使ってくるでしょう。
ここ数週間のOLユニットの体たらくぶりを見れば当然の判断です。

まず、第1の課題はブラインドサイドからのセーフティーブリッツで
vs PITではT.Polamaluに、@HOUではB.Pollardにサック&ファンブルを浴びています。
細部になりますが、注意して見るべき点となります。

毎試合のことで言わずもがなですがこの試合は特に
"サックと反則を減らすこと"
これが勝利への最低条件となりそうです。



T.Heapが今週の試合はアウトでT.Zbikowskiは
背中のケガでおそらくIR入りとなります。

プレーオフのためには残り3試合で2勝が欲しい。
試合後に控えるNYJ@PITの結果は要チェックとなります。


日本時間
12月20日(日)3:00~
NO@BAL

PLAY LIKE A RAVEN



(付録)
チームの施設にて参加者12人で行われたコーンホール大会の様子。
決勝ではパンターのS.KochがエースQB J.Flaccoを破り優勝したようです(笑

Koch Defeats Flacco In Cornhole Finals

Baltimore Ravens - People - Injury Report_1292630017914
Posted by you
comment:0   trackback:0
[2010 Season game
comment
comment posting














 

trackback URL
http://youyouyou0.blog119.fc2.com/tb.php/231-38e552ad
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。