スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by you
 
[スポンサー広告
Best Football Games 2010 【No.1】
2010年も残りわずか。
今年を振り返り私なりのベスト3を
4つの部門に分けて作ってみました。

今回は"Ravens"と"Japan"
次回は"NFL"と"NCAA Football"とします。
Ravens
1.12/19 Week15 Ravens 30,Saints 24
104551400-19180256.jpg
(Baltimore Sun photo by Karl Merton Ferron / December 19, 2010)

プレーオフに向けて大きな大きな勝利。
試合は序盤に21点のリードを奪うも徐々に追いつかれる。
同点とされるとディフェンスとスペシャルチームとオフェンスの粘りで
2つのFGを決めレイブンズの勝利に結びつけた。
強豪相手ということで最高の勝利となりました。

関連記事2010 Week15 NO@BAL 【Review】

2.12/5 Week13 Steelers 13,Ravens 10
184522440-05225623.jpg
(Baltimore Sun photo by Christopher T. Assaf)

試合開始直後から最後まで削り合いとなった同地区対決の2戦目。
どちらも持ち前のディフェンス力を存分に
発揮した試合で同カード必然のロースコアゲームに。
序盤はレイブンズ優位で進めリードを保つが
4Qにポラマルがブラインドサイドから
サック&ファンブルフォースを決めると
この1チャンスをタッチダウンに結びつけ逆転。
スティーラーズはこの3点のリード守りきって勝利。
地区優勝に向けて大きな1歩を許してしまった。

関連記事2010 Week13 PIT@BAL 【Review No.1】

3. 2/10 AFC Wild-Card Ravens 33,Patriots 14
09000d5d815a2a16_gallery_600.jpg
(AP Photo/Charles Krupa)
アウェーで苦手ペイトリオッツと対戦し
チーム史上初めての勝利となりました。
ファーストプレーがレイ・ライスのタッチダウンラン。
これで面白いように勢いがついてランとディフェンスだけで
試合をコントロールすることができました。
しかし、この勢いを次戦のコルツ戦に持ち込むことはできず完敗。

Japan
1.7/1 パールボウル FINAL 富士通フロンティアーズ 15,オービックシーガルズ 13
DGF_0269.jpg
(via フォトギャラリー)

Xリーグでは富士通を応援し続けており
この試合はとても良い思い出になりました。
フロンティアーズはFGのスナップミスやなどで
チャンスをピンチとしてしまう立ち上がり。
それでも前半の失点を6点に抑え同点で折り返す。
後半フロンティアーズがFGを決めて勝ち越すも
シーガルズ杉原選手の44ヤードのTDランで逆転されてしまう。
この後、点は動かず残り時間2分をきる。
慎重にボールをコントロールするフロンティアーズは
残り1分12秒となったところで出原選手から松林選手への
22ヤードのTDパスが決まり逆転。
シーガルズは少ない時間の中で追撃を試み
見事FG圏内に侵入しキックを試みるが失敗。
フロンティアーズは悲願のパールボウル制覇を達成。

関連記事第34回パールボウル決勝 

2.10/24 X-CENTRAL 2010 リーグ戦 オービックシーガルズ 17,富士通フロンティアーズ 13
IMG_8098.jpg
(via フォトギャラリー)

ライスボウルに向けて痛い敗戦。
試合はフロンティアーズが1Qに10点を先制。
この点差を守り前半を終えるが
後半最初のキックオフリターンが
清水選手の90ヤードのタッチダウンとなり
試合の流れを1プレーで変える。
勢いに乗るシーガルズはその後FGを決め同点。
4Qになると1Q以降沈黙していたフロンティアーズオフェンスが
再び機能しはじめFGで3点を追加。
シーガルズは残り時間が少ない中で
3点差を追う実質最後のドライブに挑む。
丁寧なプレーを重ね敵陣に迫ると
最後はQBスニークを決め、遂に逆転。
残り時間41秒、雨がいよいよ激しくなる中
出原選手のロングパスが冴えゴール前5ヤードに到達。
しかしスパイクで時計を止めた時点で残り時間はわずか1秒。
最後はパスを選択するがパスわずかに浮いてしまいインコンプリート。

パールボウル同様互角の戦いとなりましたが
最後は5ヤード届かず敗戦。

関連記事富士通フロンティアーズvsオービックシーガルズ 【Review】

3.10/17 1部Bブロック第5節 中央大学 32,明治大学 28

アミノバイタルフィールドで行われた試合。
気まぐれで観たのですが好ゲームとなりました。
学生らしい地上戦が中心の試合。
両チームランでの獲得ヤードが300ヤード近く。
QBを中心にパスが安定していた中央大学が
わずかにスコアを上回りました。
Posted by you
comment:0   trackback:0
[ame-foot
comment
comment posting














 

trackback URL
http://youyouyou0.blog119.fc2.com/tb.php/240-1332c142
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。