スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by you
 
[スポンサー広告
【ドラフト2011】 GMによるドラフト後日談
i9qko.jpg
(via @1WinningDrive)

参考資料
.com wxclusive:Ozzie Newsome PSL Owner Conference Call

ルーキーの紹介の途中ですが、今回はGM Ozzie Newsomeの談話のまとめとします。内容はOzzieがチケットホルダーと行ったカンファンレンスコールからの引用を中心としており、ドラフトだけでなくチーム全体の話も混ざっています。対訳はせず、複数の発言をまとめました。また、読みやすさを重視するため発言の順番は正確ではありません。
ドラフトについて

「BearsとトレードダウンすることでJimmy Smithを指名できなくなる可能性があったのはよくわかっている。その場合はRas-I Downling(2-33 Patriotsが指名)やAaron Williams(2-34 Billsが指名)の指名を検討していた。」

「以前チームにいたChris McAlisterはJimmy Smithよりサイズがあった。しかし、Jimmyのほうがわずかにスピードがある。」

「Torrey Smithを(トレードアップなしで)2巡で指名できるとは思っていなかった。2巡では(結局、先にBroncosに指名されていますが)S Rahim Mooreの指名を検討していた。」

「セーフティはFAになるDawan Landryの他にボクサーのTom Zbikowski、黒帯のHaruki Nakamuraがいてデプスは十分だ。しかし、我々のウィークポイントになってしまっている。」

「2巡と4巡で指名したWR,Torrey SmithとTandon Dossには今年から試合に出てもらうつもりだ。Torreyはディープゾーン、Dossはインサイドで活躍するだろう。いずれも魅力的な強みを持ち合わせている。」

「3巡で指名したJah ReidはRTとしてプレーする予定である。」

「Joe Flaccoにはオフシーズンにドラフト候補となるWRのフィルムを見てもらい、自分にフィットしそうなWRを選んでもらった。4巡で指名したTandon Dossはそのうちの一人だった。」

「4巡で指名したPernell McPheeは現在約278ポンド(126kg)だが、285(129kg),290(131kg)ポンドあたりまで増量できると考えている。」

「Steelers戦対策として手早く得点する手段を見つけたり、プレー選択にバランスをもたらさなければならない。指名したTorreyやJimmyは早速その手助けとなるだろう。また、Steelersも同じように、我々に対する策を練っているだろう。」

「ILBを指名しなかったのは、ここ数年のドラフト/ドラフト外で十分な人数を確保してきたからだ。」

チームについて

「目標は当然インディアナポリス(スーパーボウル開催地)に行くことだ。」

「HC John Harbaughはよくやっている。彼は年々ゲームマネジメントのスキルが向上している。」

「Rex Ryanがチームを去った時にディフェンシブ・コーディネーターの後任者の候補はGreg Mattison(前DC)とChuck Pagano(新DC)だった。当時新しくヘッドコーチとなったJohn Harbaughが選んだのがMattisonだった。」

「今年もLTはMichael Oherに任せるつもりだが、彼はもう一段階成長しなければならない。」

「ドラフトを終えて次はFAでベテランのバックアップQB,パスラッシャー,FB、S、ST要員を補強する必要がある。」

「4年目を迎えるJoe Flaccoにはオフェンスに対して、"コーディネーターのものではなく自分のものだ"という責任感を持ってもらいたい。彼ならできるだろう。」

「(昨年頭蓋骨折してしまった)Sergio Kindleの復帰について確かなことは言えないが、医師は彼の復帰について楽観的だ。」

「2011年にブレークするだろう選手を一人挙げるとしたらTerrence Codyだ。」

「今年、パスラッシュが改善される理由が4つある(昨年はチーム全体でわずか27サックだった)。1.CB Jimmy Smithの加入 2.CB Domonique Foxworthの復帰 3.OLB Jarret Johnsonの回復 4.OLB Sergio Kindleの復帰 だ。QBにプレッシャーをかけるために必要なことは、優秀なパスラッシャーを揃えることの他に、良いカバーをしてボールを保持する時間を伸ばすことが挙げられる。4つの要素はそれらの助けになるだろう。」

自身について
09000d5d81958e38_gallery_600.jpg
(AP Photo/Rob Carr)

「私は1991年にBrownsで初めて選手としてではなく、スカウトのアシスタントとしてNFLの職に就いた。ちょうどその年はBill Belichick(現Patriots HC)がHCに就任した年で、私は彼からGMとしての振る舞いの基礎を教わった。」

「スカウティングに専念するGMがいるが私は違う。私はスカウトや人事に関してEric DeCostaやJoe Hortizなどに信頼をおいている。」

例えば、"自分のチームを知ること"の手段として練習を自分の目で観察すること。OzzieはRavensの練習がある際はほぼ毎回、施設を訪れて観察しています。選手と会話をしたり、ロッカールームまでついて行くこともある。そして、それらを終えてオフィスに戻ると更に練習を録画したテープを見直す。といったことをしているそうです。

「しばしば私が母校であるAlabama大学での職に就く、と噂されるがこれは否定する。Albama大学にはNick Sabanという優秀なコーチがいるし、私なんて必要ないじゃないか。この先どれだけこの職(General Manager)を続けることができるか明言できないが、現在の状況には満足している。QBをはじめ若い選手の成長が楽しみだ。Terrell Suggsはこのチームに7年いるが、まだ27歳だ。」






Posted by you
comment:0   trackback:0
[NFL Draft
comment
comment posting














 

trackback URL
http://youyouyou0.blog119.fc2.com/tb.php/315-f1506030
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。