スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by you
 
[スポンサー広告
【世界3位 日本代表】 第4回 アメリカンフットボール世界選手権
目次

・日本代表は世界3位
・アメリカンフットボールのゆくえ
・“スタジアムに観戦しに行くこと”
・なでしこジャパンに関連して
・世界選手権 閉幕
・追記・女子プロアメフト
・Video/Score/Review
・Link
・参考HP



日本代表は世界3位

1 アメリカ
2 カナダ
3 日本
4 メキシコ
5 ドイツ
6 フランス
7 オーストリア
8 オーストラリア

第4回 世界選手権は決勝リーグの結果より最終的に以上の順位がつき無事に全日程が完了しました。見事に優勝したアメリカは1位決定戦でカナダを大差で下すなど圧倒的な存在感。予選と1位決定戦を合わせたスコアが176得点に対して失点はわずか21点と、いずれもトップの成績で完全優勝に近い戦いぶりでした。

一方で、日本は予選リーグ3戦目でカナダに惜敗。そのカナダは次の試合でアメリカに大差をつけられてしまい、この結果は日本は優勝までの壁の高さを感じざるを得ないものとなってしまいました。日本はこれまでの大会のような試合運びはできず、力差があると思われたオーストリアとフランスに対して24-6,35-10というスコア。むろん、スコア通り快勝には間違いないのですが過去の大会から見ると、ややもの足りないスコアに見えます。なぜそうなったか。その理由はおそらく単に力不足ではなく、タイトなスケジュールと前評判の高いカナダ戦を踏まえてゲームプランを組み立てていたからだったのでしょう。

フランス戦ではQB陣に高田選手と東野選手に加えて菅原選手をバランス良く起用し効率の良くパスを繰り出していたように、はじめの2戦はチーム全体でカナダ戦に挑む準備を上手く進めていたように見えました。私も正直に申しますとスコアの開き具合に対して直感的に不安を感じていた。しかし、よく見るとその試合ぶりは上述したような理由を裏付けていました。

そして日本はこれらの準備をカナダ戦に上手く活かせたように思います。結果的に負けてしまいましたし、この見方を疑問に思う方もいるでしょう。たとえば選手の起用方法だったり序盤のオンサイドキックだったり、私もいくつか印象の悪い点は思い浮かびます。しかし、それらはやはり結果論なのでは。悪いところはどうしても目について離れないですが、スクリメージプレーの選択や選手の動きなど総じてとても良かったのではないでしょうか。

それでも負けてしまったのは、悔しいですが力の差でしょう。そしてそのカナダに大差で勝利したアメリカはとても大きく見えます。4年後には第5回が予定されていますが、それまでにどこまで力をつけることができるでしょうか。
アメリカンフットボールのゆくえ
今回の大会を通して「フットボールでこのタイトなスケジュールはあまりにも酷だ……。」といった声にはじまり、「頼りは地元TV局のストリーミングだけ配信だったのに、回線は不安定だ。貴重なカナダ戦では映像がテニス中継と半々。代わりにアナウンサーが気をきかせてUST配信してくれたのがせめてもの救いだった……。」「せっかく3位になったのにまだまだマイナースポーツなのか、全く報道されるところを見ない。なでしこジャパンとは大違い……。」といった類の悲観的な声を多く見聞きしました。

悔しい結果に終わってしまっただけに、先を案じてもどかしく思う方は多いでしょう。私もそのうちの一人です。世界や参加国それぞれのフットボールに対する態度はどう変えるか、この先どう変わるのか、それはあまりに話が大きいため検討はつきません。一方で日本はどうでしょう。

たとえばフラッグフットボールが小・中学校で公式に推奨種目の一つとして取り扱われるようになりました。このような「大きな変化」を伝える明るいニュースはいくつかあります(詳しくはこちらの公式HPへ)。これだけで劇的な変化は難しいかもしれないですが、多くの人にフットボールへの興味を持っていただくきっかけづくりとしては「大きな変化」であり、進歩だと思います。

こうした「大きな変化」を起こすために、これからも断続的に「小さな変化」を起こし続ける必要がある、と私は思います。月並みで使い古された言葉ですが、「小さな変化」はやはり重要。それらを果たすのはあくせくと辛抱強く運営してくださっている連盟の方であり、選手・コーチであり、そして日本代表のプレーに熱狂的になったフットボールファンであるはずです。

“スタジアムへ観戦しに行くこと”
では、私たちフットボールファンは何が出来るのでしょうか。何か大きなことをできる方は是非実行していただきたいです。またはそれらについて行き支援するのも良いでしょう。

もっと手軽なこと、そして私が強く薦めたいことは“スタジアムに観戦しに行くこと”です。Xリーグや各地の学生リーグ、それぞれに違った魅力があり、どれもとても面白いです。スタジアムに訪れる観客の数を増やす、そしてチケットを買って(直接的な言い方ですが)お金を落とす。こうした「小さな変化」をリーグに供給し続ければいずれ、フットボールの「大きな変化」も起きるはずです。私は決してそれを楽観的な見方だとは思いません。

筆者の私について述べますとXリーグの試合や関東学生リーグの試合をそれぞれシーズンに何試合か観ています。他に審判という形で関わらせていただき、いくつかの試合では選手と一緒にフィールドに立っています。私がそうしたことをする理由は上に述べたようにたいそうなものではなく、単純に“面白いから”です。面白いんですよ、ホントに。一人や二人で楽しむのはもったいなく思うので自然と色々な巻き込んで連れて行ったりします。

まずは自分自身から。そして友達でも、恋人でも、奥さんでも、ご主人でも誰でも。一人でも多くスタジアムに引き込むこと。それほど難しいことではないと思います。フットボールを観に行くこと、関わること、引き連れて行くこと。どうにかして増やしていけると良いです。「大きな変化」のために。

秋季スケジュール
Xリーグ
関東学生
■関西学生 ※未定
■北海道学生 ※未定
■東北学生 ※未定
■東海学生 ※未定
■北陸学生 ※未定
■中四国学生 ※未定
■九州学生 ※未定

なでしこジャパンに関連して
フットボールのゆくえについて考える際に、今回のなでしこジャパンはひとつの好例であるように思います。本質に違いはありますがマイナースポーツという点で共通していますからね。同じ世界選手権でこうも取り上げられ方が違うのかと悔しく思いますが、これから増えると予想される彼女らに関するドキュメントや議論は参考になるのではないでしょうか。

今朝、Twitterで見かけた乙武さんと為末選手の会話をまとめた Togetter:なでしこ優勝の裏側で…もひとつの意見として面白かったです。これらを参考に上手くフットボールに結んで考えれれば、と思います。

世界選手権 閉幕
今回の大会はこれまで以上に日程がタイトで選手やスタッフの疲労はかなりのものだったでしょう。7日間で4回もフットボールの試合することがいかにキツいかは経験者はもちろん、観戦がメインの方々もよくわかるはずです。本当にお疲れさまでした。日本代表選手の中でも一人、名を挙げて労をねぎらいたいのがDL 脇坂康生選手です。脇坂選手はこれまで4回の大会全てに出場しているのただ一人の選手で年齢は42。DLはタイトな日程で特に厳しくなるポジションのひとつですが、脇坂選手はそれをパワフルにこなしました。その結果フランス戦ではMVPに、大会後にはオールスター選手の一人に選ばれるなど日本を強く支えました。お疲れさまでした。

日本代表の皆様、感動をありがとうございました。

追記・女子プロアメフト
女性といえば1位決定戦ではアンパイアが女性でしたね。いったいどういった事情なんでしょうか、びっくりしました。と、本題はそちらではなく女子フットボールのプロリーグIWFLについてです。ニュースとしては古くなってしまったのですがここでお伝えします。

IWFLでは日本人選手も活躍しており、先月の末には小倉典子選手 @SirensDEと鈴木弘子選手 @79bettyのチームが試合をしました。結局、勝ったのは鈴木弘子選手 @79betty さんが所属するカリフォルニア・クエイク。そして、そのままプレーオフを勝ち進み、先日行われた試合に勝利してIWFL優勝戦への出場を決めました。おめでとうございます。

これについては@KekiYokiさんのブログ記事が詳しいのでそちらを参考に。いつもお世話になっております。

アメリカのプロの女子アメフトチームで活躍する鈴木弘子選手
鈴木弘子選手IWFLコンファレンス優勝戦へ



Video/Score/Review (via IFAFinsider)
Photo Gallery


WC2011 Game 3 Highlights: Japan 24, Austria 6

Team Japan vs. Team Austria (7/9/2011 at Graz)
森ジャパン快勝スタート キッキングゲームと速効でオーストリアを寄せ付けず


WC2011 Game 5 Highlights: Japan 35, France 10

Team French Republic vs. Team Japan (7/11/2011 at Graz)
日本代表5TD奪取の快勝 カナダ戦に照準


WC2011 Game 11 Highlights: Japan vs. Canada

Team Canada vs. Team Japan (7/13/2011 at Graz)
激しいTD争奪戦も四転の末に及ばず 4大会連続の決勝進出ならず


WC2011 Bronze Medal Game Highlights: Japan vs. Mexico

Team Mexico vs. Team Japan (7/14/2011 at Vienna)
日本代表 薄氷勝利でSWC3位


Link
小西綾子のホットサイドライン @koniaya22
一緒にオーストリアへ。
記者会見で
10日。チーム富士通!
・JAPAN選手名鑑!  QB編 OL編 RB編 WR編 DL編 LB編 DB編
13日。カナダ戦結果から。
14日。スタジアム見学!

~中四国からアメフトを語るブログ~ @bombers_db7
『アメフト世界選手権』 大変なのは選手だけじゃない!!
世界選手権WEEK
世界選手権WEEK Part2
世界選手権WEEK Part3
世界選手権WEEK Part4
日本のアメフト~次の4年間に向けて~

塩屋blog @tamons
日本勝利!
アメリカンフットボールWorld Championship'11

MAJIK MIRROR @pa9mania
日本対オーストリアの感想
日本対フランスの感想
日本対カナダの感想
日本対メキシコの感想

Play Book @minolu_fb
アメリカ代表は四国独立リーグ・オールスターなのか
ワールドカップ、各国1試合づつ終えたところで。
ワールドカップ、各国2試合づつ終えたところで。
カナダ戦、くやしさの復習。あるいは陰謀説。
ワールドカップ。リーグ戦を終えたところで。
4度目のワールドカップは3位で終了。そしてマイナースポーツの未来。
アメリカ代表の選手たちは活躍の場を用意されていないよね。マイナーリーグほしいよね、という話。

Raven's @youyouyou0
【日本代表・復習編】
【予選リーグ・予習編】
【日本代表・予習編】


参考HP
日本代表選手一覧(2011.06.20)(PDF)
NFL JAPAN.COM:日本代表ロスター
AMERICAN FOOTBALL JAPAN NATIONAL TEAM OFFICIAL WESITE
社会法人 日本アメリカンフットボール協会
アメリカンフットボール世界選手権 2011 オーストリア大会
Facebook:Austria 2011
Twitter:@Austria2011
Twitter:@IFAFinsider
Posted by you
comment:0   trackback:0
[ame-foot
comment
comment posting














 

trackback URL
http://youyouyou0.blog119.fc2.com/tb.php/334-ad7bc4ce
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。