スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by you
 
[スポンサー広告
Preseason Week2 KC@BAL 【1st Half 】
KC@BAL.png

Highlights
PLAY-BY-PLAY
Gamecenter
Gameday
Photos
1st Half
2nd Half
Review

-1st Half-
Kansas City Chiefs at 15:00
Chiefsのレシーブで試合開始。例によって、K Billy Cundiffのキックはエンドゾーンを越えてタッチバックとなります。

ファーストプレーのメンツはLDE Cory Redding, NT Terrence Cody, RDE Haloti Ngata, LOLB Terrell Suggs, LILB Jameel McClain, RILB Dannell Ellerbe, ROLB Jarret Johnson, LCB Jimmy Smith, RCB Cary Williams , SS Bernard Pollard, FS Ed Reed。Ray Lewisは家庭の事情により欠席、スタジアムにも訪れていません。

対するChiefsはスターターRBとしてLe'Ron McClainを起用。ファーストプレーは彼のランプレーを選択しました。証言はないですが9割方McClainの希望であったと予想されます。この後はFBとしての起用が多く、スクリーンパスなどでレシーバーとしても活躍していました。

さて、スターターとして起用された注目のルーキーCB Jimmy Smithですが、初めての試合でChiefsのエースWR Dwayne Boweとのマッチアップとなります。3プレー目で早速、Boweがターゲットになるとボールをジャックルしながらキャッチ。Jimmyはタイトなカバーを遂行できただけにこれは不運でした。平均的なWRならドロップしているパスに見えましたし、Jimmyの印象はそれほど悪くありません。

Video:Dwayne Bowe snags a one-handed first down

Chiefsは自陣20ヤードからの攻撃でBoweへのパスでファーストダウンを更新するも、敵陣に侵入する前に4th Down
に追い込まれてパント。

Ravensにとって順調なスタートに思われましたが、ここでリターナーのLardarius WebbがChiefsの選手のワンパンチでボールをファンブルしてしまい、攻撃権を再びChiefsに渡してしまいます。走れば優秀なWebbですが昨季もファンブルを経験しており、どうしても印象が悪いです。

Kansas City Chiefs at 11:51
敵陣15ヤードから攻撃権を得たChiefsはRB Jamaal Charlesのランで2ヤード前進するも、TE Tony MoeakiとWR Dwayne Boweへのパス試投がいずれも失敗となり31ヤードのFGアテンプトとなります。K Ryan Succopがこれを決めて3点を先制。

09000d5d821962b9_gallery_600.jpg
(AP Photo/Patrick Semansky

Baltimore Ravens at 10:57
RB Jalen Parmeleはタッチバックではなく、リターンを挑むも14ヤード地点でダウン。よってRavensは自陣14ヤードからの攻撃となります。

ファーストプレーのラインナップは。QB Joe Flacco, RB Ray Rice, FB Vonta Leach, TE Ed Dickson, WR Anquan Boldin, Lee Evans, LT MichaelOher, LG Ben Grubbs, C Bryan Mattison, RG Oniel Cousins, RT Jah Reid。OTとして湯葉状態だったCousinsはRGへ、代わりにReidがRTのスターターとなっています。

RiceのランとBoldinへのヒッチパスで3rd Down 4ヤードとするとチームに加入したばかりのEvansへのショートパスがヒット。Welcome to Baltimore!! これによりファーストダウンを更新します。 この後、パスと2回のランで敵陣に攻めこむも攻めきれず49ヤードのFGアテンプト。K Cundiffがこれを成功し3-3の同点とします。

Flaccoはポケットを上手く利用してパスを試投するもパスリリースがいつもと異なり不自然でした。その結果、球が浮いたり、十分に手から離れずにファンブルのようなパス失敗となることが少なからず見られました。そのせいもあって、Torrey Smithがロングパスをレシーブする機会を失ってしまったことはとても残念です。

Kansas City Chiefs at 05:55
Chiefsは自陣20ヤードからの攻撃。最初のプレーでJimmy SmithとマッチアップしたDwayne Boweへのパスを通すのでが、これはJimmyのパンチミスによるもの。大きく離されることはなくBoweにとっても難しいキャッチとなったのですがJimmyのカバーは不十分でした。

その後、2回のランで3rd Down 4ヤード。Chiefsはパスを展開し、再びBoweをターゲットとしたパスを試みるもマッチアップしたCB Cary Williamsがこれをカットします。JimmyのこともありCaryの株を上げるプレーとなりました。

結局、Chiefsは敵陣からのパントとなります。

Baltimore Ravens at 04:10
自陣10ヤードからの攻撃。このドライブはRB Ricky Williamsがキャリアーとなります。力強いランで4ヤードゲインを2度繰り返し残り2ヤード。3rd Downではショットガン隊形から左にセットしたRickyへのトス。意表を突くプレーを選択するもショートヤードを獲得できず4th Downとなりパントとなります。

Kansas City Chiefs at 01:59
Chiefsは自陣4ヤードからの攻撃。パスを3回選択するも、いずれも失敗し4th Downでパントとなります。

Cary Williamsが再びナイスカバーを見せインターセプトのチャンスを作るのですが惜しくも失敗。3rd Downからのパスは3人のDLに加えてDB 2人、LB 1人の計6人ラッシュでサックに成功。ILB Dannell Ellerbeは相変わらずBlitzerとしての動きはとても良いです。第1戦で評価を下げた選手には間違いないのですが、この日は特に悪い点もなく、むしろ目立っていました。新しいDCによりBlitz 量産型のスキームへ推移していますが、強みを生かして上手く評価を上げてほしいです。

Baltimore Ravens at 01:18
自陣7ヤードからの攻撃。RBは再びRay Riceに代わり持ち前のカットバックでコンスタントにゲインを重ねます。この日はDennis PittaではなくEd Diksonへのパスが多くなりましたが良い面が半分、悪い面が半分というプレーぶりでした。しかし、PittaとDicksonで1, 2番手を分ける可能性は高そうです。

ファーストダウン更新は1度のみ。フォルススタートもあり、結局攻撃開始地点からのゲインは9ヤードのみ。自陣16ヤードのパントで攻撃を終えます。

Kansas City Chiefs at 13:51
Chiefsの攻撃はまたしても好位置から、自陣44ヤードからの攻撃となります。

Le'Ron McClainへのスクリーンパスでファーストダウンを更新するとパスで小刻みにゲイン。しかし、ホールディングなどでチャンスを潰してしまい結局、46ヤードのFGアテンプトとなります。K Ryan Succopがキックしたボールはバーに当たり惜しくも失敗。無得点に終わります。

ここでも、Cary Williamsのナイスパスカットがありました。この時点まではとても印象が良かったです。"この時点までは"。

Baltimore Ravens at 11:03
フリーになったTorreyへのパスはオーバースローとなり失敗。次にTE Kris Wilsonへのパスで7ヤード前進するもフォルススタートで3rd Down 8ヤードとなります。

パスラッシュでプレッシャーがかかったFlaccoを救ったのがWR Lee Evans。厳しいパスとなりましたがサイドラインに出る直前で上手くレシーブしました。これによりファーストダウン更新となります。

これにより敵陣に侵入し、3回続けてパスを展開するも4th Downに追い込まれてパントとなります。

09000d5d8219647a_gallery_600.jpg
(AP Photo/Nick Wass)

Kansas City Chiefs at 08:40
これよりQBは2番手Tyler Palkoに交代。PalkoはPittsburgh大学の出身でFlcooと同じ時期にプレーしています。2人のスターター争いはPalkoが勝利。プレーの機会を求めたFlaccoはDelaware大学に転校してNFL入りのチャンスを掴むことになります。現時点で名が売れてるのは、誰の目にもFlaccoの方でしょう。しかし、Palkoのこの日のプレーはFlaccoと良い勝負、あるいは上回っていたかもしれません。

RB Thomas Jonesのランで5ヤード前進すると次はパスを展開。ブロッカーを素早く割ったルーキーDE Pernell McPheeがQBの背後かサックするとファンブルフォースとなり、Arthur Jonesがこれをカバーします。ターンオーバーとなり、ゴール前の攻撃になるかと思われましたが、チャレンジにより判定が覆りパス失敗となります。とはいえ、McPheeのラッシュは素晴らしかった。ここまでランストッパーとしてよりかパスラッシャーとして良いプレーを続けています。

3rd Downに追い込むもDexter McClusterへのパスを成功させてファーストダウン更新。その後、Thomas Jonesのランを連続して選択し3rd Downで再びDexter McClusterへのパスを試みるも、パスカバーにまわったDE Paul Krugerがこれをカットして失敗となります。敵陣へ侵入する直前でパントとなります。

タイトなカバーと複雑なBlitzがうまく機能していたように見えました。CBに怪我人さえ出なければ良いイメージでディフェンスが機能しそうな予感。

Baltimore Ravens at 05:35
自陣19ヤードからの攻撃はRiceのランとPittaへのパス失敗で3rd Down 7ヤード。ここでピンチを救ったのがまたしてもWR Lee Evans !! カバーを外してサイドライン際でフリーになると頭越しにパスをキャッチします。捕球後のタックルがホースカラーを掴むものになり反則。合わせて43ヤードのゲインとなりました。

このホームゲームでの活躍は多くのファンにとって期待が確信となるものに。昨季に続いて今季も大きく入れ替わったWR陣で、まだ課題も多いですが

余談ですが、"E-V-A-N-S" に"R" を加えて並び替えると"R-A-V-E-N-S" になりますよね。彼はRavensに来るべくして来たのだ!

Video:Flacco finds Evans for a 43-yard gain

この後、TE PittaとFB Vonta Leachへのショートパスを通し3rd Down 1ヤード。Leachへのパスは捕球後にタックルを試みたLBを吹き飛ばす(青天させる)ものとなりスタジアムが湧きました。こんなに熱いプレーを観るのは久しぶり。

3rd DownではRay Riceのランを選択。ショートヤード獲得を目的とした左方向へのランでしたがLBが過剰に反応したことで真ん中に大きな穴が空きました。Riceはそれを逃さず、カットバックをして方向転換するとそのままエンドゾーンに駆け込みTD。プレシーズンゲーム第2戦 2Qにして今季初めてのTDとなりました。

Video:Rice scampers for 26-yard TD

09000d5d82196dba_gallery_600.jpg
(AP Photo/Patrick Semansky)

Kansas City Chiefs at 03:10
残り時間は3分。自陣20ヤードから攻撃権を得たChiefはRB Jackie Battleのランを連続してコールし、ファーストダウンを更新。ここで残り2分となります。

続いてWR Verran Tucker, McClusterのパスとランがいずれもロングゲインとなりChiefsはゴール前へ。3rd Down 3ヤードに追い込むもQB PalkoからWR Terrance CopperへのパスがヒットしTDとなります。

Video:Palko finds Copper to tie

ここで評価を落としてしまったのがCB Cary Williams。パスのうち多くは彼のミスによるものでした。ディフェンスが2枚目以下とは言え相手も2番手QBを中心としたオフェンス。安易にロングゲインを続けて許してしまいました。

Baltimore Ravens at 00:12
残り時間が少ないのでQB Flaccoはニーダウン。同点で前半終了となります。
Posted by you
comment:4   trackback:0
[2011 Season game
comment
今回も良いレポート読ませていただきました。試合をハイライトだけしか見られないだけに大変助かります!
2011/08/20 22:08 | URL | edit posted by maguma
エバンスが早速機能したのが嬉しいですね。
Rを足してRavensに・・・気付きませんでしたが、
これは運命感じますね(笑)

D#はSuggsのサポートになるパスラッシャーの台頭に期待ですね。
Kruger、McPheeは順調に仕上がってきているかな。
ここにKindleが加わってきて欲しいです!
2011/08/20 23:24 | URL | edit posted by Rui
>>maguma さん

コメントありがとうございます。

これからもできるだけ早いタイミングでアップできるようにしたいと思います。昨年のものと形を変えたのですが、見やすくなっていれば幸いです。

2011/08/21 19:12 | URL | edit posted by youyouyou0
>>Ruiさん

コメントありがとうございます。

エバンズのは・・・くだらない発見に対してリアクションしていただきありがとうございます 笑。

"Heeeeeeap" の代わりのチャントとして"Leeeeeee" を使おう、という話で地元のファンは盛り上がっているそうです。

シーズンもこの調子でいけると判断するのは早いかもしれないですが、ホームゲームでのデビューはとても良かった。

Krugerはようやくという感じですね。McPheeの活躍は期待以上、プレーメーカーぶりは見ていて頼もしいです。

Kindleはパントのラッシュでブロック直前という良いプレーが見られました。次はスクリメージで良いプレーを見せてほしいです。

2011/08/21 19:21 | URL | edit posted by youyouyou0
comment posting














 

trackback URL
http://youyouyou0.blog119.fc2.com/tb.php/346-f3647a0d
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。