スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by you
 
[スポンサー広告
Preseason Week2 KC@BAL 【 2nd Half 】
KC@BAL.png

Highlights
PLAY-BY-PLAY
Gamecenter
Gameday
Photos
1st Half
2nd Half
Review

-2nd Half-
Baltimore Ravens at 15:00
Ravensのレシーブで試合再開。ドラフト外ルーキー LaQuan Williamsがエンドゾーン内でボールを確保するとこれが36ヤードのゲインとなります。

自陣35ヤードからの攻撃、QBは継続してJoe Flaccoを起用しました。最初のプレーはRB Ricky Williamsへのパス。これが成功し9ヤードのゲインとなるもWRのイリーガルシフトの反則により、これはノープレーとなります。5ヤード罰退して1st Down 15ヤードから仕切りなおし、R.Williamsの右方向へのランとパスで3rd Down 13ヤード。ここでパスを展開するのですがFlaccoのボールリリースが上手くいかず、ファンブルに近いフォワードパスとなります。このようになるのはこの試合で2回目となりました。

結局、ファーストダウンは更新できずパント。

Kansas City Chiefs at 12:37
Chiefsは自陣46ヤードからの攻撃。RB Jackie Battleのランアタックと2番手QB Tyler Palkoの繰り出すショートパスが止まらず敵陣深くへと侵入します。

3rd Downに追い込むもDB Danny Gorrerのホールディングで自動的にファーストダウン更新させてしまうなどディフェンスは噛み合わず。Chiefsのノーハドルオフェンスにすっかり翻弄されてしまいました。敵陣14ヤード、3rd Down 5ヤードからのパスを3ヤードのゲインで抑えてなんとかFGアテンプトを強います。30ヤードのFGをK Ryan Succopが決めて3点を追加。

Baltimore Ravens at 06:58
自陣25ヤードからの攻撃。QBはTyrod TaylorにRBはJalen Parmeleに交代し完全に2枚目以下のメンツとなります。

ParmeleのランとWR Tandon Dossへのパスでファーストダウンを更新。その後は1st Downから1ヤードも前進できずパントとなります。ここまでTaylorからTEへ試みた3回のパスはオーバースローなどでいずれも失敗。一方で、Taylor→Dossへのパスはこの日も快調でした。

9f1d3b13a759f125ff84dd8dbf4b02fb-getty-121491312.jpg
(Photo by Rob Carr/Getty Images)

Kansas City Chiefs at 04:24
パントの間にBAL側のアンスポーツマンライクコンダクトとKC側のホールディングの反則があり、Chiefsの攻撃は自陣17ヤードから。

QBは3番手のRicky Stanzi に交代し、2回目のパスを展開するとWR Verran Tuckerへのロングパスをヒット。その後、パスを3回連続で展開するもファーストダウンは更新できずパントとなります。

Video:Stanzi lasers one to Tucker for 28 yards

Baltimore Ravens at 01:20
自陣9ヤードからの攻撃。RB Parmeleのランはノーゲイン、QB Taylorはサックを浴びて、そのTEへのパスは失敗と文字どおり何もできずに4th Downに追い込まれてパント。

Kansas City Chiefs at 15:00
Ravensのパントは自陣3ヤードからのものでしたが、Chiefs側のパーソナルファウルによる15ヤードの罰退があり、大きく陣地を回復。Chiefsは自陣28ヤードからの攻撃となります。

ここではRavensのディフェンスが奮闘。Blitzが効果的に機能するとDT Lamar DivensとS Haruki Nakamuraが連続でサックを決めます。Chiefsの攻撃は3 & OUTとなりパント。

Baltimore Ravens at 12:57
自陣39ヤードの攻撃。ディフェンスで作った良い流れを生かしたいRavensでしたがここで再び3 & OUTとなってしまいます。Taylorは相変わらずTE頼みで奥を見ることができていませんでした。

Kansas City Chiefs at 11:30
Chiefsは自陣9ヤードからの攻撃。RB Mike Coxのランでフォーストダウンを更新するもその後のオフェンスは噛み合わず4th Downに追い込まれてパントとなります。

Baltimore Ravens at 09:03
自陣35ヤードからの攻撃。3rd Downに追い込まれるもWR David Reedへのパスが決まりファーストダウンを更新します。昨季はKRとして活躍し、今季は怪我明けで迎えたD.Reedですがこの後にも素晴らしいプレーを連発。彼にとって好スタートとなりました。

QB Taylorは続けてD.Reedへのパスを試投。これがDB Jalil Brownのインターフェアランスを誘発し反則地点までの25ヤードの罰退となります。

罰退で敵陣に侵入し1st Downでパスを展開するとまたしてもDavid Reedへのパスを試投。これが成功すると18ヤードのゲインとなります。敵陣10ヤードからの攻撃をノーハドルで仕掛けるとディフェンスはこれに対応しきれずRB ParmeleのTDランに。これにより逆転に成功します。

Video:Parmele guts the Chiefs for the lead

de8aaa2f4aaa566dee65aaf29554b04a-getty-121491197.jpg
(Photo by Rob Carr/Getty Images)

Kansas City Chiefs at 07:16
K Billy Cundiffのキックは初めてタッチバックとならず、Chiefsはリターンに挑みます。エンドゾーンから26ヤードゲインするも結局、自陣20ヤードからの攻撃となりました。3回続けてパスを展開するも、失敗→サック→失敗で3 & OUTとなります。サックはドラフト外ルーキー DT Bryan Hallによるものでした。

Baltimore Ravens at 05:33
自陣27ヤードからの攻撃。2nd Downから展開したパスでQB Taylorは再びWR D.Reedへ試投。ディープに浮かせたボールをD.Reedが振り向きざまにナイスキャッチ。ホームスタジアムを湧かせました。

Video:Taylor launches a 41-yard bomb to Reed

9a337e455b3b6d05f99530ef9dae7258-getty-121491154.jpg
(Photo by Rob Carr/Getty Images)

敵陣31ヤードからの攻撃を前にRavensはタイムアウトとります。試合が再開されると7巡指名のルーキー RB Anthony Allenのランを3回連続して選択すると、8, 14, 4ヤードのゲインとなります。2nd Down エンドゾーンまで残り5ヤード。

4回目もAllenにハンドオフ…と思われましたがこれはフェイクでTaylorがボールをキープ。Taylorはタックルを試みたLB Justin Houstonを交わすとエンドゾーンを目がけて走り、パイロンを倒してTDとなります。デザインされたランでTaylorの個人技に頼るプレーとなりましたが、見事成功。やはり走ることに関しては間違いなさそうです。以下のVideoは必見。

Video:Pre WK2 Can't-Miss Play: Ankle-breaking TD

Kansas City Chiefs at 01:59
Kはドラフト外ルーキーとして契約したばかりのJacob Harfman(詳しくは後日お伝えします)。エンドゾーンには蹴り込めず、Chiefsのリターンとなります。これによりChiefsは自陣21ヤードからの攻撃。

QB StanziからChandler Williamsへのパスがヒットすると2nd Down 2ヤード。しかし、その後のパスは続けてインコンプリートとなり4th Downギャンブルとなります。

QB Stanziは4回連続となるWR C.Williamsへのパス試投を選択。しかし、C.Williamsがこれをチップしてしまい浮いたボールをドラフト外ルーキー DB Josh Victorianがインターセプト。

Video:Victorian gets a tip drill pick

Baltimore Ravens at 01:18
敵陣41ヤードからの攻撃権を手にしたRavensはプレシーズンゲームということでTDを狙いにいきます。

「レギュラーシーズンの試合なら時間を流して試合を終わらせていた」とJohn Harbaugh。ChiefsのHC Todd Haleyの様子を見て慌てて話していました。

QBはHunter Cantwellに交代。最初のプレーでプレーアクションパスからディープに投げたパスをWR LaQuan Williamsがナイスキャッチ。38ヤードのゲインとなりました。

Video:Cantwell airs it out to Williams

ロングパスによりエンドゾーンまで3ヤード。しかし、フォルススタートで罰退し8ヤードから1st Downとなります。TEへのパスが失敗して2nd Down。RB Allenのランで7ヤードゲインすると残り8秒でRavensは3個目のタイムアウトを消費します。3rd Down エンドゾーンまで1ヤード、再びAllenのランを選択するとこれがTD。RBとしてロスター生き残りをかけたAllenにとって願ってもない一押しとなりました。

Video:Allen pounds home a TD

エキストラポイントはK Harfmanが蹴り31点目。

Kansas City Chiefs at 00:05
Chiefsはタッチバックを選択し、QBはニーダウン。残り時間は0秒となり試合終了。


ap-201108192240816129504.jpg
(AP Photo)
Posted by you
comment:2   trackback:0
[2011 Season game
comment
こんにちは
はじめまして。
詳しい解説楽しませていただきました。
これからもよろしくおねがいします。

今日はご挨拶までに。
2011/08/22 22:33 | URL | edit posted by jean_ray
>>jean_rayさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

レイブンズファンの方との新しい出会いは、ネット上であれとても嬉しいです。

このブログをはじめて2年近くになりますが、この先も細く長く継続する予定でいます。拙い文章しか書くことはできないですが、これからも訪れていただけると幸いです。

よろしくお願いします。
2011/08/22 22:56 | URL | edit posted by youyouyou0
comment posting














 

trackback URL
http://youyouyou0.blog119.fc2.com/tb.php/348-0780a770
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。