スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by you
 
[スポンサー広告
Preseason Week3 WAS@BAL 【 2nd Half 】
WAS-BAL.png

Highlights
PLAY-BY-PLAY
Gamecenter
Gameday
Photos
1st Half
2nd Half
Review

Baltimore Ravens at 15:00
Ravens のレシーブで試合再開。リターナーとしてボールを確保したTorrey Smith はタッチバックを選択し自陣20ヤードからの攻撃となります。RavensのオフェンスはこのシリーズまでQB Joe Flacco 率いる1枚目。対するRedskins のディフェンスは1.5枚目以下にメンツを落とし始めていました。

最初のプレーはWR Anquan Boldin へのショートパス。これが8ヤードのゲインとなると2nd, 3rd Down でランを展開しファーストダウンを更新、続いてRB Ray Rice のDraw プレーで22ヤード、TE Ed Dickson へのパスで14ヤードをゲインすると敵陣33ヤードで1st Down とします。

ここからもテンポ良く進みRB Ricky Williams のランで2ヤードゲイン、A.Boldin へのショートパスで5ヤードゲインで3rd Down とすると次はWR Lee Evans へのパスでにフォーストダウン更新に成功します。一つ難癖をつけるとすればFlacco はリリースするタイミングが遅いこと。パスは成功しているものの激しいヒットを受けることが何度もありました。

敵陣12ヤードから更に攻撃は続きRice のランで3ヤードゲイン。続いてパスを展開するとエンドゾーン中央へと走るBoldin へ絶好のタイミングでパスがヒットしてTD。この日はEvans, Boldin の両スターターWRへのTDパスを投げることができ、具体的な形で良い成果をあげることができました。

エキストラポイントは無難に決まり再び同点とします。

Video:Boldin 12-yard touchdown

f44a29163b89aa84006c2d7216d7be90-getty-122139876.jpg
(Photo by Rob Carr/Getty Images)

Washington Redskins at 09:23
リターン中にRedsikins 側にホールディングの反則があり自陣7ヤードからの攻撃。

1st Down でパスを展開するとQB John Beck はディープへ走るWR Donte' Stallworth へとボールを浮かせます。ところが、マッチアップしてたCB Lardarius Webb が競り合いに勝ちボールをインターセプト。やや安易なパスにも見えましたがWebb のナイスプレーでした。

Baltimore Ravens at 09:09
ターンオーバーにより攻撃権を得たRavens は自陣40ヤードからの攻撃。しかし、この時より出場したOT Ramon Harewood がフォルススタートの反則を犯し、自陣35ヤードから1st Down 15ヤードとなります。

QB Tyrod Taylor をはじめ2枚目へと完全に移行したRavens の攻撃。RB Jalen Parmele のランで1ヤードのみゲインすると2nd, 3rd Down で先週ホットルートを作ったWR David Reed へのパスを試投するもいずれもインコンプリート。3 & OUT となりパントを蹴ります。

Washington Redskins at 08:15
自陣3ヤードからの攻撃でQBは再びJohn Beck。

RB Roy Helu のランとWR Terrence Austin へのパスでテンポ良くゲインを許してしまいあっと言う間に敵陣15ヤード地点で1st Down。パスラッシュが十分に機能せず。DBは特にTom Zbikowski とHaruki Nakamura のカバーが甘く10ヤード以上のゲインを複数回許してしまいました。

続いて1st Down からHelu のランで2ヤードゲイン。2nd Down でWR Terrence Austin へのScreen パスを展開すると、そのままエンドゾーンへと駆け込みTDとなります。

Viedo:Terrence Austin 13-yard touchdown

Baltimore Ravens at 01:54
自陣20ヤードからの攻撃。

QB Tyrod Taylor からTE Dennis Pitta へのパスが10ヤードのゲインとなりファーストダウンを更新。続いてRB Anthony Allen のインサイドを突くランアタックを展開するとこれが20ヤードのゲインとなります。

50ヤード地点から攻撃を続けるRavens は再びパスを展開し、ディープへと走るWR Tandon Dossへのパスを試投するとインターセプトと紙一重のところでこれをキャッチ。この日も球際の強さを見せてくれました。

Video:Tandon Doss spectacular catch

この時点で3Qが終了。敵陣30ヤード地点から攻撃を再開します。ここまで3プレーで50ヤードゲインとテンポ良く展開してきたオフェンスもここで停滞。D.Reed, Dossへのパスがいずれも失敗しファーストダウンを更新できず44ヤードのFGアテンプトとなります。K Billy Cundiff がこれを成功させて3点を追加します。

Washington Redskins at 14:10
自陣20ヤードからの攻撃。これよりQBは昨季までJets でプレーしていたKellen Clemens に交代。WR Austin へのパスをヒットして8ヤードゲインするも3 & OUT。4th Down に追い込まれてパントを蹴ります。

Baltimore Ravens at 12:36
自陣15ヤードからの攻撃。TE Kris Wilson へのパスで15ヤード前進しファーストダウンを更新するも、つづくプレーでハンドオフを受けたRB Jalen Parmele がボールをファンブルしてしまいターンオーバー。わずか2プレーで攻撃権を相手へと譲ってしまいます。

Washington Redskins at 11:51
Redskins の攻撃は敵陣28ヤードから追加点のチャンスでしたが1st Down でDE Pernell McPhee のQBサックがキマsり2nd Down 16ヤード。これがうまく効いて3 & OUT、48ヤードのFGアテンプトを強います。K Graham Gano がこれを決めて3点を追加。31点目の得点となり再び7点差をつけます。

671d69bb7522beeedf5d243250771905-getty-122139879.jpg
(Photo by Rob Carr/Getty Images)

Baltimore Ravens at 10:21
自陣20ヤードからの攻撃。TE Wilson, WR D.Reedへのパスで8, 9ヤードと前進するとファーストダウンを更新。続いてRB Allenのランで6ヤードゲインすると、パスを展開し再びTE Wilson へのパスがヒットして27ヤードのゲイン。この試合ではDickson, Pitta, Wilson と3人のTEが奮闘。ロスター居残りがはっきりと見えてきました。

敵陣30ヤードへと侵入すると、Taylorのスクランブルでファーストダウンを更新、続いてDoss のパスで8ヤードゲインするも3rd Down でDB Blitz に入ったDavonte Shannon にサックを決められて4th Down 15ヤードとなってしまいます。Cundiff が33ヤードのFGアテンプトを無難に成功させて3点を追加。点差を4点とします。

Washington Redskins at 06:11
自陣20ヤードからの攻撃。5プレー中4プレーでRB Helu のランアタックを展開し時間を使いながら、そしてRavensにタイムアウトをとらせながらハーフウェイまで攻め込みます。

3rd 5ヤードでRedskins はパスを展開。この日好調のWR Austin をターゲットとしてパスを試投するも、これをドラフト外ルーキー DB Talmadge Jackson がインターセプト。キャッチしてから39ヤードゲインして攻撃権を奪い取ります。ナイスプレー。

Baltimore Ravens at 03:35
敵陣14ヤードから逆転する絶好のチャンス。1st Down でRB Allen のランが3ヤードのロス、2nd DownでWR Harper へのパスで7ヤードゲインするも続く3rd Downのパスはインコンプリート。残り時間は2分16秒、タイムアウトは1つ残すのみということでFGではなくギャンブルを試みます。

ショットガンでボールを受けたTaylor はBlitz とダウンフィールドを冷静に確認してWheel ルート(主にRBにアサインされるルート。LOSを平行に見ながらサイドラインへと走り、ある地点でゆるやかにダウンフィールへと方向を変え、そのままエンドゾーンに向けて直線に走る。) を走るRB Allen へと頭越しのパス。LBと1対1をつくり絶妙な位置へと落としましたが、ボールはAllen の指をかすめてドロップしてしまいました。

Washington Redskins at 02:11
自陣10ヤードからの攻撃。始めにランを展開し1ヤードゲイン。残り時間が2分になる直前でRavens は最後のタイムアウトを消費します。続いてもランを展開しゲインはなし、残り時間が2分を切ったので時計が止まります。

3rd Down 8ヤードからファーストダウンを更新すればあとはニーダウンをしてタイムアップという場面。ここでRedskins はWR Austin へとScreen パスを展開、対するRavens ディフェンスはBlitz をコールしており計7人がパスラッシュへ向かう状況でダウンフィールドには4人しか残っていません。プレコールで完全に裏をかかれてまい万事休すでしたが、パスラッシュへ向かう選手のうちプレーサイドにいたDE Sergio Kindle がScreen パスにいち早く気が付きファーストダウン更新直前で背後から追いついてタックルを決めます。ナイスプレー!

4th Down でRedskins は時間を目一杯消費してからタイムアウト。パントフォーメーションを組みます。このあたりから、サイドラインでRay Lewis がESPNからインタビューを受け始めるのですが、1st Halfの冒頭でお伝えしたように予期せずして面白くなりました 笑。

高く蹴り上げられたボールをキャッチしたドラフト外ルーキー LaQuan Williams はブロッカーを巧みに利用して敵陣へと走りこむと、これが38ヤードのゲインとなりオフェンスに大きなチャンスをもたらします。ところで、最後にタックルを決めたのがRavens から移籍したばかりのDB Josh Wilson でしたね。

77a4e4d97674e628ee985700802c189c-getty-122139884.jpg
(Photo by Rob Carr/Getty Images)

Baltimore Ravens at 00:59
L.Williams のリターンにより敵陣35ヤードからの攻撃。QB Taylor のスクランブルで15ヤード、WR Harper へのScreen パスで11ヤードゲインするとエンドゾーンまで残り9ヤード。

ノーハドルでフォーメーションを組み、C の後ろでスナップを受けたQB Taylor はボールを地面に叩きつけてスパイクをすると思われましたがコールはパスプレー。するとWR Brandon Jones へとパスがヒットし、Jonesはそのままパイロンを倒しながらエンドゾーンに駆け込みTD !! 一度は1ヤード手前でダウンしたとの判定が出ましたがレビューで覆りました。

df24077c400342eced5180a76f356325-getty-122139594.jpg
(Photo by Rob Carr/Getty Images)

TDにより逆転、エキストラポイントが決まり3点差をつけました。

Washington Redskins at 00:22
自陣36ヤードからの14秒を残して攻撃権を得たRedskins は続けてパスを選択。RB Helu へのパスがヒットし14ヤードゲインするもFG圏内に届かず。残り2秒からラストプレーとしてHail Mary パスを試投するもこれがインコンプリート。ハイスコアとなった試合をRavens が制して幕を閉じました。
Posted by you
comment:2   trackback:0
[2011 Season game
comment
良い試合でしたね。
我慢出来ず今季もGamePass買っちゃいました!
テイラーのラストドライブ良かったですね。バックアップQBとして期待しても良いかもしれませんね!
2011/08/30 21:31 | URL | edit posted by maguma
>>magumaさん

コメントありがとうございます。

おー!
買いましたか!

テイラーは「6巡指名」と考えるとかなりお買い得なQBだと思います。身長の低さが災いしてDLにデフレクトされやすいのはこの先もついてまわりそうですが、その分を他の特長でカバーできるようになってくると段を違えて伸びるのではないかと思います。

メンタルの強さがプレーににじみ出ていてプレーを見るのが楽しい。契約が切れるまでフラッコがスターターをはり続けることが理想ですが、万が一のためにも先の成長を期待したいです。
2011/08/30 22:57 | URL | edit posted by youyouyou0
comment posting














 

trackback URL
http://youyouyou0.blog119.fc2.com/tb.php/356-e6971d5f
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。