スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by you
 
[スポンサー広告
Preseason Week4 BAL@ATL 【 Review 】
09000d5d821e3ec2_gallery_600.jpg
(AP Photo/John Amis)

Highlights
PLAY-BY-PLAY
Gamecenter
Gameday
Photos
1st Half
2nd Half
Review
Ravens Offense vs Falcons Defense
QB Hunter Cantwell CP/AT 13/28 111 YDS 0 TD 1 INT
Tyrod Taylor は3回投げたのみで負傷退場。インターセプトを献上するなど何もできずに終わりました。

変わりに出場したCantwell のプレーも散々なもので、シリーズ単位で見るとよかったのは後半最初のものだけ。控えめに言ってもNFLでスターターをはれるレベルとは程遠い。QBの不出来にともなってレシーバーが結果を残すチャンスが失われてしまい残念です。

WR Torrey Smith 2 REC 12 YARDS 0 TD
レシーブの回数はTorrey が記録した2回が最多。Torrey は2nd, 3rd チームが相手ならフリーになれる余裕があり手元にきたボールはしっかり捕球できていました。

13回のパス成功のうち5回はRBへ、残りはロスターに残ることができなかった選手へのパスでしたので詳細は省略します。

TE Kris Wilson 1 REC 18 YARDS 0 TD
Wilson はわずか1回のレシーブでしたが、安定している様子を見ることができました。プレシーズン中の心残りはTEへのTDパスがなかったこと。

RB Damien Berry 8 ATT 31 YARDS 1 TD
Jalen Parmele にプレーの機会を多く与えるものの満足な結果とは言えず。平均獲得ヤードはBerry が4.0とギリギリ及第点、Parmele は2.1と沈みました。Berry はプラクティス・スクワッド入りとなりましたが、プレシーズン中にポテンシャルを見ることができた選手のうち一人です。やがてはNFLで活躍できる可能性も低くはないでしょう。

OL
1st チームがLT Ramon Harewood, LG Justin Boren, C Bryan Mattison, RG Tim Barnes, RT Jah Reid というラインナップでしたからパフォーマンスは期待するまでもなくボロボロ。悪い意味で目立ったのがLT のHarewood で湯葉状態。対面のDE Kroy Biermann に脚がついていかず、何度もQBへのヒットを許してしまいました。

このうちRamon Harewood はIR入り、Justin Boren はプラクティス・スクワッド、Tim Barnes はカット、 Bryan Mattison とJah Reid はバックアップとしてロスター入りしました。

Ravens Defense vs Falcons Offense
DL & OLB Lamar Divens 3-0 T-A 0.0 Sack 0 INT 0 FF
Divens はNTとしてプレーしていながら3タックルを記録するなど奮闘しましたが、ロスターには残れずカット。

Paul Kruger は試合の序盤でサックを決めるなど今季のブレークアウトに向けてしっかりとアピールしました。他にはAlbert McClellan が3タックルを決めてロスター入りを達成。Pernell McPhee も1タックル2アシストと最後にひと押しすることができました。

ILB Josh Bynes 5-0 T-A 2.0 Sack 0 INT 0 FF
ドラフト外ルーキーのJosh Bynes が優秀なスタッツを記録。Blitz などで器用な動きをしており長所をアピールできたように見えた一方で、サイズ不足が原因でブロッカーに押し込まれてしまうこともしばしば。ニーズの壁もありロスターに残ることができませんでした。

ロスター入りを懸けた試合でJason Phillips が最後のひと押しをできたのは良かったです。インターセプトを記録しましたがこれはJimmy Smith のおかげでしたが、それを引いても3タックル1アシストと奮闘できました。

CB Jimmy Smith 5-0 T-A 0.0 Sack 0 INT 0 FF
Jimmy のタックル数が多くなりましたが、これは自分のサイドへのオープンプレーが多かったから。Jimmy はタックルに関して甘さを指摘されることが多い選手ですが、NFLでもしばらく課題となるでしょう。それを踏まえるとタックルの良い練習になったかと思います。

5巡指名のChykie Brown が第4戦にしてようやく目立つことができ、こぼれ球をPick 6した他、ランアシストでも良い動きをしていました。その他の選手も無難にアサイメントをこなしており開幕にむけて調整できました。

FS & SS Bernard Pollard 2-1 T-A 1.0 Sack 0 INT 0 FF
Pollard が無難にスタッツを残して1サックも記録。レギュラーシーズンでもスタッツに出る活躍が期待されます。

Special Team
Billy Cundiff は57ヤードと厳しい距離のFGは外すも、その他2つのキックは決めてこの日も磐石。Sam Koch はこの試合でも20ヤード以内に2回落とすことに成功しており、開幕週に向けて万全の状態を維持しています。
Posted by you
comment:0   trackback:0
[2011 Season game
comment
comment posting














 

trackback URL
http://youyouyou0.blog119.fc2.com/tb.php/362-f049a01a
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。