スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by you
 
[スポンサー広告
Week 3 Baltimore Ravens @ St. Louis Rams 【 Review 】
tumblr_ls3s3ylBOX1qcs18zo1_500.jpg
(Photo by Jeff Curry/Getty Images)

Highlights
PLAY-BY-PLAY
Gamecenter
Gameday
Photos
1st Half
2nd Half
Review
Videos
Ravens postgame press conference
WK 3 Can't-Miss Play: NFL, meet Torrey Smith
'He's the Ochocinco of coaching'
Week 3: FedEx Air and Ground winners

・QB Joe Flacco がFedEx Air Player Of The Week に選出されました。おめでとう!

・前十字靭帯断裂から復帰するもパフォーマンスの質を取り戻すことができないでいたCB Domonique Foxworth をIRに入れて、代わりにカットしたばかりのLB Prescott Burgess と契約。

・プラクティス・スクワッドにいたQB Hunter Cantwell を解雇してHawaii 大学を卒業したばかりのWR Rodney Bradley と契約。

・現地金曜日の練習にはSunday Night Football の下見のためにNBCのアナリスト Chris Collinsworth と サイドライン・レポーター Michele Tafoya 、審判団、そしてMMA ファイターのUrijah FaberDanny Castillo らが訪れ、にぎやかな日になったようです。

09000d5d8229f33b_gallery_600.jpg

Ravens Offense vs. Rams Defense
QB Joe Flacco CP/AT 27/48 389 YDS 3 TD 0 INT
Flacco がWR Torrey Smith を助け、Torrey がFlacco を支え。パスプロテクションは決して安定していたわけではなかったのですが、高いレベルのパフォーマンスを披露することができました。

大差をつけてからもパスを連発し、終わってみれば試投が48回。それに対して許したインターセプトはゼロですから良い傾向にあります。一点だけ目についたのはサック & ファンブルを許したことで、この手のターンオーバーはFlacco の最も悪い点の一つであり、次に対戦するJets が得意とすることですから繰り返しは避けなければなりません。

WR Torrey Smith 5 REC 152 YARDS 3 TD
Torrey はキャリア初のスターター出場、そしてはじめの3キャッチが続けてTDとなり、ルーキーWR にとってこれ以上にないというほどに刺激的なデビューを果たしました。冷静に見ればこの日のパフォーマンスを支えたのはQB Flacco が完璧なパスを投げてくれたことと、OC Cam Cameron が適切なプレーをコールしたことで、WR Torrey のテクニックを見ることができたわけではありません。この日のパフォーマンスを踏まえて相手が対策してきた場合に、Torrey がそれを打ち破るテクニックや経験値を備えているとはまだ思えません。ですから、この日のようなパフォーマンスの継続を期待するのはまだ早いでしょう。

とはいえ、1試合中にこれだけ固め打ちできたことは意味のあること。なぜなら、Torrey は"ディープスレッド"として相手の注意をひきフィールドをタテに伸ばすことができるからです。Jets 戦やその先の試合では見えづらい面で効果的な活躍をするのではないでしょうか。

Anquan Boldin も7回74ヤードと好調を維持。昨季のJets 戦では7回110ヤードを記録しJets キラーの片りんをうかがわせました。次戦も同じような活躍が期待されます。

ドラフト外ルーキー LaQuan Williams はスペシャルチームで堅実なプレーをしており、スクリメージプレーにも何度か参加していました。ルーキーWR Tandon Doss にも試投することがありましたがインコンプリート。初キャッチは次戦以降に持ち越されます。

TE Ed Dickson 5 REC 51 YARDS 0 TD
Dickson は堅実な活躍。Dennis Pitta は1度だけショートパスを受ける機会がありましたが反則によりノープレーとなっています。

RB Ray Rice 9 ATT 81 YARDS 0 TD
Rice はパスキャッチでも5回83ヤードと大活躍。この日はRice に対するカバーが甘く、自由に動き回ることができました。

Ricky Williams も28ヤードのゲインを記録するなどバックアップとしては十分なプレーぶり。最後のシリーズではAnthony Allen を起用しており、彼にとって初キャリーとなりました。

OL
LG Ben Grubbs の負傷欠場を受けて出場したのはMark LeVoir ではなくAndre Gurode。対面とのマッチアップや両隣の選手とのコンビネーションに苦戦しており安心して見ることはできません。チームにきてまだ間もない選手ですから力を発揮しきれないのは仕方ないですが、Grubbs の調子が思わしくないのであまりのんびりと見ることはできません。

Ravens Defense vs. Rams Offense
DL & OLB Terrell Suggs 4-0 T-A 1.0 Sack 0 INT 0 FF
Suggs は常にQBへプレッシャーを与え続け、この日のパスディフェンスを成功させました。Cory Redding とPernell McPhee がそれぞれ1サックを記録。McPhee にとってこれがキャリア初サックとなりました。

その他には伸び盛りのPaul Kruger とArthur Jones が2回のソロタックルを決めています。

ILB Ray Lewis 10-0 T-A 1.0 Sack 0 INT 1 FF
Ray はAFC Defensive Player of Week に選出されるほどのプレーぶり。気づけば10回もタックルを記録していました。この日はJameel McClain が5回のソロタックルと1.0サックを記録するなど調子を上げています。

CB Lardarius Webb 4-0 T-A 0.0 Sack 1 INT 0 FF
Webb が記録したインターセプションはWRがこけたところ胸元に飛び込んできたもの。大きなミスもなく堅実なプレーぶりでした。唯一許したTDパスはCary Williams の頭上を越えていくものでしたが、それ以外は堅実にプレーできていました。

FS & SS Ed Reed 2-0 T-A 0.0 Sack 0 INT 0 FF
この日は良い意味でフィールドから姿を消しており、これはパフォーマンスが良かった証拠だと思います。

Special Team
Billy Cundiff がドームで無風にも関わらず51ヤードのFGを2回連続して失敗。幸いわずかな点差が勝負を分けるような試合ではなかったので良かったです。Sam Koch は2回のパントで1回20ヤード以内に落としました。



Jets 戦のPreview は記事を分けて行い、明日中にアップします。
Posted by you
comment:0   trackback:0
[2011 Season game
comment
comment posting














 

trackback URL
http://youyouyou0.blog119.fc2.com/tb.php/381-51c8f8ba
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。