スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by you
 
[スポンサー広告
Week 4 New York Jets @ Baltimore Ravens 【Preview】
09000d5d8222ec77_gallery_600.jpg
(Gary A. Vasquez/NFL)

Videos
Jets vs. Raiders highlights
Sunday night:Jets at Ravens
Playbook: Jets vs. Ravens
Week 4: Jets vs. Ravens Preview
Flacco: 'This feels like a rivalry'
Jets get prepped
Jets offense up in the air
Sound FX: Rex Ryan
Collinsworth Takes a Look at Week 3
vs. Jets
nyj.gif
New York Jets @ Baltimore Ravens
日本時間:10月3日(月) 09:20~

Rex Ryan は1999年にRavens 入りしてから2004年までDLコーチ、2005から08年までディフェンシブ・コーディネーターを務め、08年にJohn Harbaugh がRavens のHCに就任すると翌年にはJets のHCに就任し現在にいたっています。Rex はコーディネーターとしても、HCとしてもその鬼才を惜しみなく発揮。就任から2年連続でチームをAFC Championship へと導いています。

Offense
「リーグ随一のランオフェンスとディフェンスを構築する」と豪語したRex は就任1年目のドラフトでQB Mark Sanchez とRB Shonn Greene を獲得し、前年に1巡で指名したTE Dustin Keller と合わせてオフェンスの骨組みを迅速に構築。WRはFA やトレードを利用して各チームのファンから見放されかけていたBraylon Edwards (現在49ers) やSantonio Holmes、さらに今季はPlaxico BurressDerrick Mason を獲得し、いずれもよく機能させています。

オフェンスのプレーコールの幅を広げているが元Chargers のRB LaDainian Tomlinson とルーキーWR Jeremy Kerley。Tomlinson は現在32歳ということで1年に400回近くプレーに絡んでいた全盛期と比べてプレーの機会はその6割程度に減少。それでもランだけでなく高いレベルでパスキャッチできる器用さは相変わらずディフェンスに脅威を与え続けています。Kerley はスペシャルチームとWildcat 要員として起用されており、Bills に移籍したばかりのBrad Smith をそっくりそのまま後継。高校ではQBを経験しておりパスも可能、Kerley がスクリーメージプレーに参加した時は十分に注意する必要があります。

QB Sanchez はこのように才能豊かなスキルポジションの選手とパワフルなブロックをくり出すOLに支えられながら、チームの期待に応えて信頼を確かなものにしておりパス試投回数を年ごとに増やしています。NFL入りしてから1年目で364回, 2年目で507回、今季は3試合を終えて112回とそれらを上回るペースでいます。

大舞台に強く、勝てるQBとしてオフェンスを牽引。一方でどうしても克服しきれていないのがTDに対するインターセプションの比率で、今季も6つのTDパスに対してITNを4つ記録。次の試合はRavens のホームゲームということで、クラウドノイズを生かして弱みを突くチャンスは十分にありそうです。

QB Sanchez が繰り出すパスはここまでTE Keller とRB Tomlinson に頼りがちで、パス成功した70回のうち16回がKeller へ12回がTomlinson へ。とはいえ、オフに獲得したばかりのBurress やMason とはプレシーズンから徐々に息を合わせていますし、プレーの回数が多くなるにしたがってWRがこれらの数字をひっくり返すでしょう。

WRのなかでもよく注意すべきはWR Santonio Holmes で、Ravens のファンはよくご存じのようにSteelers に在籍していた頃から苦しめられている選手です。これまでHolmes と対峙したのは8回で、1試合あたり71ヤード獲得して7つのTDと7つの25ヤード以上のレセプションを記録。これはどのチームに対してより多い数字となっています。スーパーボウルで決勝TDパスをレシーブしたことに代表されるようにそのクラッチさは脅威。4Qで特に注意しなければいけない選手の一人です。

参考Holmes Gives Pagano Nightmares

上記した選手を操るのがOC Brian Schottenheimer。Rex のSanchez に負担をかけすぎないという意向をよく反映しているようですが、プレーコールが過度にコンサバになってしまい非難される声もしばしば聞こえてきます。余談ですが、私は個人的にSchottenheimer のコールをリーグでも一番に好んでおりJets 戦の一つの楽しみであります。贔屓チームの身になれば彼のコールを批難したくなる気持ちもまたわかったり。

Jets のオフェンスはここまで1試合あたり360.7ヤードを獲得してリーグ16位、27.7得点はリーグ9位。そのうちパスによる獲得距離は1試合あたり278.7ヤードでリーグ10位、昨季までチームの強みであったランでは82.0ヤードでリーグ25位と成績を落としています。特に気になるのがRB Green のランが平均3.3ヤードに落ち込んでいること。この数字のままではランに頼るゲームを展開するのは難しいはずです。

09000d5d82136033_gallery_600.jpg
(AP Photo/Julio Cortez)

Defense
Rex がJets で新しくHC職に就く際にはRavens からILB Bart Scott とSS Jim Leonhard を帯同し、複雑なスキームのインストールに一役買わせたそう。二人は当時のRavens を支えたディフェンスの要であり離脱したことによる傷は深く、その後現在にいたるまでILB とSS はスターターが決まらない不安定なポジションとなっています。

DBはLeonhard に加えてBrodney Pool, Eric Smith, Antonio Cromartie, Darrelle Revis とリーグでも随一の顔ぶれ。2年目のKyle Wilson も順調に成長しており、層を厚くしています。この中でさえ群を抜いているのがRevis で、今ではEagles のNnamdi Asomugha と肩を並べるトップCB。彼のプレスは非常にしたたかで相手のエースレシーバーをほぼ確実に封じ込めることができます。再び余談になりますが私はこの手のシャットダウンCBを心から尊敬しています。卓抜した身体能力と精神のタフさ、これらを安定して発揮することは本当に凄いこと。同じタイプのJimmy Smith もいつかは...!

Revis の反対側、主に2番手のWRをカバーするのがCromartie でRevis を避けるなら彼と勝負しなくてはなりません。スピードや身体能力についてはおそらくRevis より上ですが、その分テクニックが不十分であったり単純なミスも多い。今季はこれまで2つのインターセプションを記録している一方で、先週のRaiders 戦ではインターフェアランスとホールディングを2回ずつ犯してしまった上に、4Qに入る前にキックオフでリターナーとしてボールをレシーブしようとするもマフしてしまい相手に攻撃権をゆずるミスを犯しています。

Revis とCromartie のほか、DBはいずれも個々の能力が高く、攻略するためにはまずWR, TEがさらに高いレベルにたち1対1の勝負で優位にたたなければなりません。また、Rex はFS, SS, Nickelback をカバレッジだけでなくBlitzer として使うことが多い。ブラインドサイドから素早く積極的にサック & ファンブル・フォースを狙ってきますから特に注意しなければなりません。

フロント7は依然として脅威ですが、OLB Jason TaylorShaun Ellis らが抜けた穴は大きいのか、昨季に比べて力が落ちているように見えます。これはスタッツににじみ出ており、2.0サック以上を記録しているのがILB Scott のみ。OLB はCalvin Pace が1.0サックを記録しているのみです。

Raiders 戦ではついにRex のもとで最低となる234ヤードのラッシングを許してしまいました。そのうちRB Darren McFadden に対して171ヤードを許し、一人に100ヤード以上走られたのはRex のもとで4回目のこと。幸いRavens のランオフェンスは調子を上げていますから隙を突くチャンスは十分にありそうです。

参考
Recap
GameDay: Jets vs. Raiders highlights

Preview
09000d5d81a847b6_gallery_600.jpg
(AP Photo/Henny Ray Abrams)

Photo:Sunday Night Football vs. Jets
Recap
Ravens vs. Jets highlights

このカードはRex がHCになってから2回目で昨季の開幕週以来となります。前回はミスを連発した試合で良く言えばディフェンシブなゲーム、悪く言えば開幕戦らしいぐだっとしたゲームでした。今回はホームに迎えることもあってかNFL.com やESPNのアナリストらの意見を見ると気味が悪いくらいに8割以上がRavens の勝利を予想しています。一番最近に発表されたESPNのパワーランキングがRavens を5位、Jets を直後の7位としているように実力は伯仲しているようですが、どうなるでしょうか。

ターンオーバーを減らすこと、ゲーム・クロックを支配することはフットボールにおいてゲームの勝敗を左右する要素ですがJets 戦は特に前者の"ターンオーバー"が重要になるでしょう。ゼロにできればもちろん良いのですが、Rex のディフェンスに対してそれを果たすのは非常に難しいこと。コンサバになりすぎないように、という意味でいくつかは許しても構わないでしょう。ただし、勝つためには"相手より少ない数に抑えること" あるいは"相手より多く奪うこと"を果たすことが必須。もし相手より2つ以上多くターンオーバーを強いることができれば、その時は勝利に大きく近づいているはずです。

QB Flacco は絶対にポケット内でファンブルしないこと。変な話ですがインターセプトを許すなら勝機はあるはずです。Blitz やバレッジを冷静に読んでQBヒットの数を減らすこと、そしてプレーアクションからのパスを正しいタイミングでコールすることができればオフェンスはゲインを重ねることができるはずです。

Jets は3rd Down においてここまで32回中7回しか許しておらずリーグで1位の成績を誇っています。Ravens が3rd Down で成功するためにはまずランで確実にゲインして3rd Down ショートにすること。Jets がRaiders 戦で晒したランディフェンスの脆さを改善できていなければ達成可能なはず。

ディフェンスは前述したように"Raven Killer" のWR Holmes に注意すること。能力のあるレシーバーがそろっていますから投げ分けられるのは仕方ないとして、誰であれ一人に80ヤード以上許してしまうことのないように。ビッグプレーを最小限に抑えなければなりません。

OLの要であるC Nick Mangold はWeek 2に負傷退場しており、その後は代わりにルーキーColin Baxter が出場しています。引き続きMangold が欠場ようであれば、Raiders 戦を見る限りフロントの勝負は優位にたてるはず。Suggs だけでなく他のDL, OLBもマルチサックを記録できればパスディフェンスは楽になるはずです。

Jets は@OAK, @BAL, @NE と厳しいロードゲームの合間。対するRavens はこれが終われば次はBYE Week ですが、明けてすぐにvs. Texans とタフな試合が続きますから調子を上げていかなければなりません。BYE の前ということで怪我人の休みを長期にするためにWR Lee Evans やLG ben Grubbs は大事をとる可能性が大きく、その場合は穴をしっかりと埋める必要があります。特に先週はLGにバックアップを据えたことでプレーが右方向に偏ってしまい、Jets もそれを把握しているはずから改善しなければなりません。

勝って3勝1敗でBYE Week へ。


PLAY LIKE A RAVEN !!




無題
http://www.baltimoreravens.com/People/Player_Roster/Injury_Report.aspx
Posted by you
comment:2   trackback:0
[2011 Season game
comment
故あって平日ながら今からTV観戦します。
僕の注目したいポイントは、
オフェンスラインのコンビネーション。
ランニングゲームでボールキープをする。
ファウルトラブルを起こさない。

強敵ですが、何とか勝って欲しい!
PLAY LIKE A RAVEN!!
2011/10/03 09:25 | URL | edit posted by Rui
>>Rui さん

コメントありがとうございます。

こちらは今観終わりました~。
なんとも期待にそぐえない試合でしたね 笑


2011/10/03 22:18 | URL | edit posted by youyouyou0
comment posting














 

trackback URL
http://youyouyou0.blog119.fc2.com/tb.php/382-d506a7c8
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。