スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by you
 
[スポンサー広告
Week 7 Baltimore Ravens @ Jacksonville Jaguars 【2nd Half】
無題

Highlights
PLAY-BY-PLAY
Gamecenter
Gameday
Photos
Preview
Quick Review
1st Half
2nd Half
Review
Videos
Sound FX: Week 7
Favorite in AFC North?
Ravens postgame press conference
Suggs questions offensive play-calling
Bad day in Baltimore
Hot seat for Flacco?
Is Flacco to blame?


-2nd Half-
Jacksonville Jaguars at 15:00
Jaguars のレシーブで試合再開。自陣20ヤードからの攻撃とします。

MJDのランに対してまたしてもSS Pollard がファンブルフォース。順調にに存在感を濃くしていっています。MJDが自らリカバーし、結果的に8ヤードのゲイン。さらにMJDのランでファーストダウンを更新します。

続けてMJDのランで3ヤードゲインしてパスを続けて展開したところ、Pollard のRB Karim に対するヒットがヘルメット同士の接触と見なされてパーソナルファウルとされてしまいます。事実を言えば正当なヒットですし、後半最初のシリーズをすっきり抑えるかという3rd Down だったので厳しいコールでした。ただ、ここでイエローフラッグを投げてしまう審判にも同情するところはあります。

攻撃は続き、MJDのランで4ヤード、3ヤードゲインしてからWR Hill へのパスをヒットしえファーストダウンを更新。さらにTE Marcedes Lewis へのパス、RB Karim のラン、WR Hill へのパスでテンポ良く進むと敵陣7ヤードから3rd Down。

ここで展開されたRB Karim のランをノーゲインに抑えるも、プレーの後にILB Brendon Ayanbadejo が敵チームの選手をパンチしたとして反則とされた上に退場を宣告されてしまいます。Jaguars ファンの皆様申し訳ありませんでした。

敵陣3ヤード地点から1st Down としてしまうもMJDのランを1ヤードのロス、TE Lewis へのパスを続けてインコンプリートとすると22ヤードのFGとさせてピンチを凌ぎます。

Baltimore Ravens at 06:30
自陣20ヤードからの攻撃。

RB Rice のランで2ヤード、WR Boldin へのパスで7ヤードゲインするとノーハドルで間をおかずにランを展開して12ヤードゲインします。これによりようやくこの試合1つ目のファーストダウン更新。

TE Dickson へとパスをヒットして8ヤードのゲインすると、ディフェンスのニュートラルゾーン・インフラクションの反則でファーストダウンを更新。さらにRB Rice のランで4ヤードゲインするとWR Boldin へのパスを決めて14ヤードゲイン。エンドゾーンへと走るWR Torrey へのパスは惜しくもインコンプリートとなった後、RB Rice のランで1ヤードゲインしして3rd Down 9ヤード。

0b6078741becf1351a4ce80104867c23-getty-130218078.jpg
(Photo by Sam Greenwood/Getty Images)

ここでショットガンからパスを展開してターゲットを探していたとろこ、ディープから時間をかけてBlitz を仕掛けてきたSS Dwight Lowery にサックを浴びます。

Video:Jaguars defense, sack, 7-yd loss

FG圏内での7ヤードロス。後半最初のシリーズは前半とは見違えるほど良くなっていましたが、最後に意気消沈。52ヤードのFGアテンプトとするとK Billy Cundiff のキックは大きく右にそれて失敗。Cundiff は試合後に、これまで蹴ったうちでも最悪のキックだったと話しています。

Video:Cundiff, 52-yd missed FG

Jacksonville Jaguars at 01:37
長い距離のFGを失敗したことで自陣42ヤードからの攻撃。

MJDのランで2ヤード、9ヤードとゲインするとさらにQB Gabbert のスクランブルで2ヤードゲインしてファーストダウン更新。この時点で3Qが終了します。

敵陣47ヤードから攻撃を続けてMJDのランで2ヤード、3ヤードゲインすると3rd Down でWR Mike Sims-Walker へとパスを試投するもインコンプリート。P Nick Harris が敵陣からパントを蹴り上げると見事1ヤード地点でダウン。

Baltimore Ravens at 13:27
自陣1ヤードと厳しい位置から攻撃開始。

1st Down から果敢にWR Torrey Smith へとロングパスを試みてインコンプリートとなるも、マッチアップしていたDB Lowery にパス・インターフェアランスの反則。これにより48ヤード前進しました。こちらとしてはラッキーでしたがJaguars サイドからしたら納得のいかないコールにも見えました。

ここでHC Jack Del Rio がQB Flacco の足がエンドゾーンの外側へと踏み出していると指摘してチャレンジ。たしかに、判定が覆ればセイフティ(自殺点)となり状況は大きく変化していましたが、ホームで大画面にリプレーが映されており、足は誰の目にも明らかにサイドラインの内側にあり、このチャレンジは無謀であったと批難されていたようです。

つづいて攻撃を展開するとRB Rice へのScreen パスに対してDT Terrance Knighton にロスタックルを決められてしまうと、さらにイリーガルフォーメーションの反則があり6ヤード罰退。

2nd Down 20ヤードとなりショットガンからパスを展開するもLB Daryl Smith のサックを浴びて11ヤードロス。ここでもまたRice がBlitz を拾い損ねてしまいました。Rice のサイズを考えれば仕方ないように見えるのですが、いつものRice であればたいていのLBをピックアップできていますから、こうした面を含めてみると、たしかにRice の調子は悪かったのでしょう。

Video:Jaguars defense, sack, 11-yd loss

2Qの3rd Down 35ヤードに続いて今度は3rd Down 31ヤードと長い距離。ショットガンからパスを展開してWR Boldin へとヒットさせるも14ヤードゲインしたところでダウン。パントを蹴ります。

3rd Down でBoldin にタックルしたのは昨季までRavens に在籍していたS Dawan Landry。この試合は5つのソロタックルと1つのアシストを決めるなどランサポートで大活躍。Jaguars に入ってからも堅守を支えているようでSaints 戦ではQB Drew Brees からインターセプションを記録するなど移籍先に恵まれているようです。

09d18eff4b3948bb92c47ac7d6ff5137-getty-130212431.jpg
(Photo by Sam Greenwood/Getty Images)

Jacksonville Jaguars at 10:31
自陣10ヤードからの攻撃。

RB Karim のランに対してILB Ray Lewis が素早くタックルを決めてノーゲインに抑えるもWR Hill へのパスを24ヤードのゲインとされます。さらにRB Karim のランを連続して展開して5ヤード、9ヤードのゲイン。ここでFS Ed Red とNT Terrence Cody が負傷してサイドラインにさがりましたが、すぐに復帰しています。

MJDのランを3回続けてコールして4th Down 2ヤード。パントに終わるもゲーム・クロックを5分間消費することに成功しています。

Baltimore Ravens at 05:22
自陣10ヤードからの攻撃。9点差を追う状況なので、得点できなければ負けに大きく近づいてしまいます。

ショットガンからノーハドルを混ぜてTE Ed Dickson, RB Ray Rice, WR Torrey Smith, TE Dennis Pitta へとテンポ良く連続してパスを決めて自陣36ヤード地点まで前進。ここからさらにRB Rice, TE Dickson, TE Pitta へとパスをヒットして敵陣に侵入します。

つづいてRB Rice へのパスで11ヤードゲインすると、さらにWR Torrey Smith がサイドライン際でアクロバティックなナイスキャッチ。エンドゾーンまで残り5ヤードにまで迫るとWR Boldin へとパスをヒットしてこの日最初のTD ! Boldin のこのパターンは鉄板で、Ravens のゴール前オフェンスに対してディフェンスが最も警戒しなければならいプレーの一つでしょう。

Video:QB Flacco to WR Boldin, 5-yd, pass, TD

9a7d66f29c56e89c2a51308760090b16-getty-130217582.jpg
(Photo by Scott Cunningham/Getty Images)

パスのみで90ヤードゲインしたこのドライブは高く評価するべきでしょう。Cam のコールに頼らずノーハドルオフェンスが成功したわけですから、Cam へと不信を示しFlacco を擁護したいとする要素は増えるばかり。

Jacksonville Jaguars at 02:02
タイムアウトと2ミニッツ・ワーニングを残していましたから、タッチバックを確実に決めるのであれば、3回も時計を機会がありますからノーマルキックもありだったのでしょう。ここでRavens が選択したのはオンサイド・キックでした。この選択に首をかしげた方もいたかと思いますが、私は納得して見ることができました。

オンサイド・キックは10ヤードよりわずか手前でカバーチームの方向へと跳ね返り、これをHaruki Nakamura が確保したのでイリーガルタッチ・キックの反則で5ヤード罰退。これは仕方なく、起こるべき反則です。

ゲーム・クロックは2分2秒のまま敵陣37ヤードから攻撃開始。MJDのランを3回連続して展開するとファーストダウン更新を許さずに、タイムアウトを使いながらストップします。

ここでJaguars が展開したのはパントでなく51ヤードのFGアテンプト。外せば相手に自陣40ヤード付近から攻撃権を与えてしまうリスクがありましたら、攻めのコールに見えます。ただしこの日のK Scobee は50ヤード台2本を含めて計3本のFGを成功しており信頼するには十分でした。

Scobee がこれを決めて3点を追加。Ravens が逆転のための条件をFGからTDに変えます。

Video:Scobee, 51-yd FG

2df43a29e695393ff167aa6d8e914fa3-getty-130217576.jpg
(Photo by Sam Greenwood/Getty Images)

Baltimore Ravens at 01:43
キックはタッチバックとなり自陣20ヤードからの攻撃。タイムアウトは残りゼロ。80ヤードのTDドライブに挑戦します。

ショットガンからパスを展開してWR Boldin へのパスを展開するもインコンプリート。続いてTE Ed Dickso へとパスを試みたところDB Drew Coleman がインターセプト。この日は総じてオフェンスが酷かったのですが、前のドライブが上手くいっていただけに期待していたんですけどね…。

Video:Jaguars defense, INT

Jacksonville Jaguars at 01:25
QB Gabbert が膝をついてタイムアップ。

2011年ドラフト1巡10位指名で指名されたばかりのルーキーQBはスターター5試合目にして1つ目の白星がつきました。

f46325aff4ff9592a6e1f1c1dc0fd21a-getty-130216513.jpg
(Photo by Scott Cunningham/Getty Images)
Posted by you
comment:0   trackback:0
[2011 Season game
comment
comment posting














 

trackback URL
http://youyouyou0.blog119.fc2.com/tb.php/402-eca8e947
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。