スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by you
 
[スポンサー広告
Week 7 Baltimore Ravens @ Jacksonville Jaguars 【Review】

Top 100 - Ray Rice (via RandomHero604)

Highlights
PLAY-BY-PLAY
Gamecenter
Gameday
Photos
Preview
Quick Review
1st Half
2nd Half
Review
Videos
Sound FX: Week 7
Favorite in AFC North?
Ravens postgame press conference
Suggs questions offensive play-calling
Bad day in Baltimore
Hot seat for Flacco?
Is Flacco to blame?

・ESPNが発表しているパワーランキングでは3位から6位に降格してSteelers の直後につきました。James Walkers 氏のコメントは「ディフェンスはチャンピオンシップ級だが、オフェンスはそれとはほど遠いようだ」Steelers はPatriots との試合を控えており、今までの相性を見ればPatriots が優位に見えます。ただホームでできるなど有利な要素もいくつかありますし、どうなるでしょうか。翌週はRavens @ Steelers が控えていますからRavens ファンにとって注目すべき試合となります。

Link:2011 NFL Power Rankings: Week 8

Ravens Offense vs Jaguars Defense
QB Joe Flacco CP/AT 21/38 137 YDS 1 TD 1 INT
Flacco の孤立無援状態で、いざという時に頼りにしてきたRice はプレーに絡ませてもらえず。レシーバーがフリーになれないのにランを排除してパスばかり展開していたら、どんなQBも成績を残すこ投げることができません。

WR Anquan Boldin 4 REC 40 YARDS 1 TD
Boldin もTorrey Smith もFlacco を十分に助けることができずに終わりました。ただ、Torrey は1試合ごとにスキルアップしている様子が明らかで、見ていて面白いです。

TE Ed Dickson 4 REC 23 YARDS 0 TD
Dennis Pitta と共にパスでは堅実な働きをしていましたが、ブロックがややお粗末。そろそろDickson へのロングパスが見たいです。

RB Ray Rice 8 ATT 28 YARDS 0 TD
冒頭にこの映像を貼ったのもRice 擁護のためなんですよね。プレゼンターがMaurice Jones-Drew ということでぴったりでしたから。

OL
LGとしてAndre Gurode が出場する試合も増えてきておりそろそろこの状態にも慣れてきても良いのでは?と、指摘しましたがこの日もスッキリせず。明日の試合もBen Grubbs は欠場ということですから、次こそは期待しています(Texans 戦よりコピペです)。

Ravens Defense vs Jaguars Offense
DL & OLB Brandon McKinney 3-1 T-A 0.0 Sack 0 INT 1 FF
全体として申し分なかったのですが、オフェンスが3 & OUTで帰ってくることが繰り替えれたせいで、さすがに後半は息切れが目立ちました。思うように相手をストップできずランだけでファーストダウン更新を許したりと1シリーズにつき5分単位でゲーム・クロックを消費させてしまいました。

ILB Ray Lewis 6-2 T-A 0.0 Sack 0 INT 0 FF
Dannell Ellberbe がInactive となっているのでJameel McClain の出場機会が増加。調子は悪くなく、このまま右肩上がりで成長することがディフェンスのステップアップになるでしょう。

CB Cary Williams 4-3 T-A 0.0 Sack 0 INT 0 FF
Cary は自分の前でパスを通されてしまうことが多く、タックル数が多くなりました。次は絶対的エースWR Larry Fitzgerald が相手ですから気合を入れなおしてもらいたいです。

Jimmy Smith がActive でしたがスクリメージプレーに参加する機会はほとんどありませんでした。

FS & SS Bernard Pollard 5-0 T-A 0.0 Sack 0 INT 2 FF
Pollard が期待通りに調子を上げておりランディフェンスやBlitzer としてアピールしつづけています。Ed が途中で倒れたのは首の怪我のためですが次戦に引きずることはないよなので、一安心。Tom Zbikowski もそろそろ復帰できる見込み。

Special Team
Sam Koch によるパントは20ヤード以内に落としたのが3回。1度目は反則でノープレーになりましたが続けてビッグリターンを許したのは印象が悪かったです。Billy Cundiff はFGで1度チャンスをもらいましたが大きく右に外してしまいました。
Posted by you
comment:0   trackback:0
[2011 Season game
comment
comment posting














 

trackback URL
http://youyouyou0.blog119.fc2.com/tb.php/404-7f4f145f
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。