スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by you
 
[スポンサー広告
Week 8 Arizona Cardinals @ Baltimore Ravens 【2nd Half】
ari.jpg

Highlights
PLAY-BY-PLAY
Gamecenter
Gameday
Photos
Report in November 【No.1】
Preview
1st Half
2nd Half
Review
Videos
Sound FX: Best of Week 8
Most impressive team in AFC North
Ravens postgame press conference
Cardinals postgame press conference

tumblr_lty2tdfi8B1qcs18zo1_400.jpg
(Happy Halloween ということで意表をついてCody の仮装。中の人はなんとChris Carr...! 笑。)
Video:Ravens Show Off Halloween Costumes
http://twitter.com/#!/1WinningDrive/status/131086423456624640
http://twitter.com/#!/cmorgancox/status/131077430533292032/photo/1
http://lockerz.com/s/152212974


-2nd Half-
Baltimore Ravens at 15:00
自陣20ヤードからの攻撃。

RB Rice へのScreen パスを2ヤードのロスにされてしまうも、TE Pitta とTE Dickson へのショートパスで8ヤード、14ヤードゲイン。さらにRice のランで4ヤード、WR Torrey へのショートパスで7ヤードゲインします。

前半と見違えるほどテンポ良く進み、後半のカムバックを期待させるきっかけになったのが敵陣侵入直後に決めたWR Boldin への37ヤードパス。サイドライン際で1対1をつくるとQB Flacco がBoldin の頭越しに綺麗に落としロングゲインとしました。

Video:QB Flacco to WR Boldin, 37-yd, pass

cba04b8ae82ffb0394fed369ba9d8957-getty-130977041.jpg
(Photo by Rob Carr/Getty Images)

その後、再びBoldin へとパスを投げてパス・インターフェアランスを誘発。これによりエンドゾーンまで残り1ヤードとするとRice の走路が綺麗にあいてTD!自陣20ヤードから反則を含めて8プレーで80ヤードのドライブ。18点のビハインドで時間を無駄にしたくないところ、ノーハドルを2回使い、わずか2分50秒でTDを記録しました。

Video:RB Rice, 1-yd, run, TD

Arizona Cardinals at 12:13
Stephens-Howling がエンドゾーン内から35ヤードリターンするもリターンチームにホールディングの反則があり、自陣18ヤードからの攻撃。

RB Wells のランで4ヤード、16ヤードゲイン。その後のRB Stephens-Howling のランに対してOLB Jarret Johnson がロスタックルを決めると、つづくStephens-Howling もJJがタックルを決めて3rd & 8。ここからパスを展開するとBlitz に入ったDB Chris Carr がQBサック!これより4th Down となりパント。

Video:Ravens defense, sack, 9-yd loss

Baltimore Ravens at 08:25
自陣19ヤードからの攻撃。

ショットガンからTE Pitta へとパスを決めて9ヤードのゲインとすると、ハドルを組まずにTE Dickson へとショートパスを決めて10ヤードのゲイン。さらにノーハドルを続けますがRice へのパスはインコンプリートとなります。

つづけてパスを展開するとLT Bryant McKinnie のブロックを内側からわってきたルーキー OLB Sam Acho がQB サック & ファンブルフォース。転がったボールはLT McKinnie がリカバーし、自分のミスによる損失を最小限にしました。

Video:Cardinals defense, sack, 12-yd loss

3rd & 22となりディープを走るTE Dickson へとパスを試みるもインコンプリート。パントを蹴ります。

Arizona Cardinals at 06:35
敵陣49ヤードと好位置からの攻撃。

はじめに展開したパスに対してBlitz を仕掛けたSS Pollard がQBサック!最初に猛スピードでOTのブロックを処理したSuggs がプレッシャーをかけてQBを追いかけまわすと、逃げた方をNgata とPollard が囲い込んでサック。Suggs はこの日1.0サックに終わりましたが、実質4.0サック以上の活躍をしたのではないでしょうか。

Video:Ravens defense, sack, 10-yd loss

これが効いてその後のパスをつづけてわずかなゲインで抑えるとパントを蹴らせます。この試合1つ目の3 & OUT。

Baltimore Ravens at 04:44
自陣12ヤードからの攻撃。

ショットガンからTE Dickson へとロングパスを試みるも2人のDBにカバーされてボールにインコンプリート。つづいてWR Boldin へとロングパスを試みるとサイドライン際でワンハンドキャッチ!23ヤードのゲインとします。おそらくキャッチの見応え、価値ともに今季一番でしょう。

Video:Boldin spectacular catch

勢いにのるRavens はハドルを組まずに再びBoldin へのパスで9ヤードゲイン、残りの1ヤードはQBスニークで獲得します。続いてRB R.Williams へのパスを成功させるも LG Andre Gurode にイリーガル・ユーズ・オブ・ハンズの反則があり10ヤード罰退。1st & 20となり良い流れを断ち切ってしまったかに見えましたが、またしてもディープでBoldin がDBを振り切るとサイドライン際でキャッチ。

Video:QB Flacco to WR Boldin, 27-yd, pass

a05c64022bccc3598761d599a069f2b7-getty-130977040.jpg
(Photo by Rob Carr/Getty Images)

攻撃はつづいてR.Williams へのショートパスで4ヤードゲインすると、Boldin がこのシリーズで4回目のキャッチ21ヤードゲイン。つづけてBoldin へとパスを試みますが、今度はインコンプリートとります。そそてここまで7回連続していたノーハドルも一旦終了。

2nd Down からBoldin へと試みたパスは失敗。3rd & 10となりまたしてもエンドゾーン内へと走るBoldin へとパスを試みるとCB P.Peterson のパス・インターフェアランスを誘発します。実はリプレーを見るとDLがボールにわずかをかすっており、インターフェアは成立していなかったはず。もしCardinals がチャレンジをしていたらFGとなっていました。

エンドゾーン内での反則だったので、Ravens はエンドゾーンまで残り1ヤード。RB Rice のインサイドを突くランでTDを記録します。

Video:RB Rice, 1-yd, run, TD

Arizona Cardinals at 01:32
自陣25ヤードからの攻撃。

1プレー目でパスを展開するとフォワードパスのモーションにさしかかるQB Kolb の右腕をOLB Suggs が強襲。ボールが不用意に宙に浮くと、これをILB Jameel McClain がインターセプト!8ヤードリターンしたところでダウンします。

このプレーの直後、Suggs は「オレがやったんだぜ!」と言わんばかりに一人で観客席の方に走って称賛を求めに。いや、そうなんだけどもさ 笑。

逆転できるかも、という分岐点はいくつかありましたがこのプレーはそれを確信させるものとなりました。スタジアムの雰囲気は最高潮に。

Video:Ravens defense, INT

a484e5cde5947cf5a925c03e7fbe396a-getty-130977669.jpg
(Photo by Larry French/Getty Images)

Baltimore Ravens at 01:17
敵陣22ヤードからの攻撃。

RB Rice のランで4ヤード、3ヤードゲインすると3rd & 3 からBoldin へ試みたパスでインターフェアランスを誘発。この時点で4Qに入り、はじめにRice の右方向へのランを展開すると、FB Vonta Leach のリード・ブロックの助けを借りてこの日3つめのTDランとします。

Video:Rice gets third TD

b4649125924a74f7600fb154a18ea3fb-getty-130976804.jpg
(Photo by Rob Carr/Getty Images)

Arizona Cardinals at 14:55
自陣20ヤードからの攻撃。

RB Wells のランをNT Brandon McKinney が2ヤードでストップするも、つづく2nd Down のパスでWR Fitzgerald へのロングパスで19ヤードのゲインを許します。

さらにRB Wells のランで3ヤードゲインした後、WR Doucet へのパスをILB Ray Lewis があわやインターセプトという形でカット。3rd & 7とするとDT Haloti Ngata がQBの背後からサックを決めてさらにファンブルフォースに成功しますが、この間にCB Cary Williams にホールディングの反則をとられてしまいます。

続いてCB Cary とマッチアップしていたWR Fitzgerald へのパスでオフェンスのパスインターフェアランス。贔屓目に見ても不可解なコールでしたが、直後にFS Ed Reed がインターセプトするも手前でカバーしていたCB Lardarius Webb にコールされたインターフェアランスもまた不可解でしたから、おあいこということで。

ドライブは長引き、RB Wells のランで7ヤード、2ヤードゲイン。ここでCardinals が後半1つ目のタイムアウトをとります。プレーが再開されるとWells のランをNgata とSuggs がノーゲインでストップ。4th & 1となると、FGで3点は狙える位置にいながらもCardinals は果敢にギャンブルを選択。Wells のランでスクリメージを突破して4ヤードゲインします。

ここからはRavens のディフェンスが粘りをみせてRB Alfonso Smith のランを1ヤードゲインとしたのみで、つづくWR Roberts, Doucet へのパスをインコンプリート。45ヤードのFGとし、K Feely がこれを決めて同点とします。

Video:Feely, 45-yd FG

Baltimore Ravens at 08:55
David Reed がエンドゾーン内からリターンするも自陣20ヤードでダウン。

ショットガンからRice へとショートパスを決めてダウンしそうになりながらも、粘り強くゲインすると7ヤードゲイン。プレーが終わった後にディフェンスに対して胸を張る動作をするのですが、これがトーンティング(相手を不必要に挑発したとする反則)と見なされてしまいます。いやいやいや。試合を見ていた方ならよくわかると思うのですが、これはない。

5e9031d2e4ecc606010a0a0cf188b372-getty-130977697.jpg
(Photo by Larry French/Getty Images)

反則により2nd & 17となってしまうとうまく挽回する方法を見つけることができずWR Torrey Smith へと2回つづけて試みたパスがオーバースローと進行方向と逆へのパスとなってしまい3 & OUTとなります。

Arizona Cardinals at 07:58
パントが不発となり、自陣46ヤードからの攻撃。

RB Wells のランに対してSuggs がロスタックルを決めるとCardinals は後半2つ目のタイムアウト。プレーが再開されTE King、RB Taylor へのパスを決めるもファーストダウン更新はならず、パントを蹴ります。

Baltimore Ravens at 05:57
自陣14ヤードからの攻撃。

ショットガンからTE Dickson へのパスを決めて9ヤードゲインすると、残りの1ヤードはハドルを組まずにすぐさまQBスニークで獲得します。

ノーハドルをつづけてRB R.Williams へのショートパスをヒットさせたところで、ボールをリリースした後のQB Flacco を投げ倒していたDE Campbell にラフィング・ザ・パサーの反則。Ravens はこれにより15ヤード前進します。

RB R.Williams のランで2ヤードゲインするとRice へのパスで9ヤードゲインしてファーストダウンを更新。つづけてTE Pitta へのパスをヒットして3ヤードゲイン、2nd Down でWR LaQuan Williams へとタイミングパスを試みるも捕球直後にボールを掻き出されてインコンプリート。

C Matt Birk がフォルス・スタートの反則を犯してしまい、5ヤード罰退すると3rd & 12からエンドゾーンへと走るこむWR Torrey へとロングパスを試みるもカバーを振りきれずインコンプリート。敵陣でパントフォーメーションを組みむと、この日リターンTDを許すなど絶不調だったSam Kock が神パントを繰り出して敵陣5ヤードに落とし、さらにリターンチームにホールディングの反則があったためCardinals に自陣2ヤードからの攻撃を強います。

Arizona Cardinals at 03:07
自陣2ヤードからの攻撃。OLがフォルス・スタートの反則を犯すとさらに後退して自陣1ヤードからの攻撃となります。

RB Wells のランで6ヤード、1ヤードゲインしたところでゲーム・クロックは残り2分。3rd & 4でパスを展開するとQB Kolb がスクランブルに切り替えてサイドライン際でファーストダウンを更新します。

WR Roberts へのパスをインコンプリート、Wells のランをRay Lewis が2ヤードでストップすると3rd & 8。Cardnals がパスを展開すると1Q最初のシリーズでサックを決めていたDE Paul Kruger が再びサック!!勝ち越し点にむけて好位置を確保する値千金のプレーとなりました!

Video:Ravens defense, sack, 9-yd loss

c085e7e43bcb9a69a8dbac4ae6a7a8e9-getty-130977038.jpg
(Photo by Rob Carr/Getty Images)

Baltimore Ravens at 00:52
Chris Carr が8ヤードリターンしたことで敵陣44ヤードからの攻撃。この8ヤードもとても貴重でナイスプレーでした。

ショットガンからTE Pitta へとショートパスを決めて3ヤードゲイン。2nd & 7となりサイドライン際でCB Richard Marshall をスピードで振り切りながらディープを走るWR Torrey Smith を見つけると、すかさずロングパスをヒット!勝利を決定づけるパス。ナイスプレー!

Video:QB Flacco to WR Smith, 36-yd, pass

tumblr_ltwmrd59BP1qcs18zo1_500.jpg
(AP Photo/Nick Wass)

RB Rice のランがノーゲインとなった後にQB Flacco がエクスチェンジをした後に素早く後退したがらフィールド中央でダウン。ゲーム・クロックを残り3秒とし、蹴る位置はフィールド中央から25ヤードのFGアテンプトでエクストラポイントと変わらず。K Billy Cundiff が昨季のBills 戦以来、自身7度目となるウィニングFGを決めます!

Video:Cundiff, 25-yd FG

09000d5d8239b360_gallery_600.jpg
(AP Photo/Nick Wass)
Posted by you
comment:2   trackback:0
[2011 Season game
comment
素直に喜べない内容でしたが、後半だけ見ればオフェンスにも希望はあるでしょうか。
来週は@PITですね。先週ちょっとだけプレイしたJimmy Smithと練習に復帰したらしいGrubbsに期待したいです。
2011/11/03 21:20 | URL | edit posted by jean_ray
>> jean_rayさん

コメントありがとうございます。

気軽に考えれば、後半だけを考えて次の試合を楽観できますね。真逆よりかはよっぽど良かったと思います。

Jimmy は2週間かけてウォーミングアップといったところでしょうか。この試合はCary Williams の調子がいまひとつだったので出番を増やしてあげても良かったのでは、とも思います。

Grubbs がいたときの開幕戦があまりにも良かったせいで、彼が離脱してからのOLについて私はGrubbs不在のせいにしがちでします。それが過信なのかはわかりませんが、ミスばかりしているGurode を据えるよりかはよっぽど良いものになるはず。練習に参加しているだけで、かなり明るいニュースですね。
2011/11/03 21:44 | URL | edit posted by youyouyou0
comment posting














 

trackback URL
http://youyouyou0.blog119.fc2.com/tb.php/408-881e527c
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。