スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by you
 
[スポンサー広告
Week 9 Baltimore Ravens @ Pittsburgh Steelers 【2nd Half】
RS.jpg

Highlights
PLAY-BY-PLAY
Gamecenter
Gameday
Photos
Preview
T-Sizzle, Ball So Hard University
Quick Review
1st Half
2nd Half
Review

-2nd Half-
Pittsburgh Steelers at 15:00
Steelers のレシーブで試合再開。Cundiff のキックはタッチバックとなり自陣20ヤードからの攻撃とします。

このシリーズは最初から最後まで、時間を目一杯使う類のノーハドル・オフェンス。はじめにMendenhall のランを展開して4ヤードのゲインすると、さらにインサイドを突くランを連続して展開して5ヤード、4ヤードとゲイン。WR A.Brown へのパスはインコンプリートとなるも、TE Miller へとパスを決めてファーストダウンを更新します。 つづくA.Brown へのパスで21ヤードゲインすると敵陣へと侵入。

Video:Brown's catch and run

ハドルを組まずに攻撃を続けるとRB Isaac Redman のランでさらに4ヤードゲインした後にWR Wallace へのパスヒットして15ヤードゲイン。Ravens はQB Roethlisberger が指揮をとるノーハドルにハマってしまい、あっという間にゴールまで14ヤード。苦しい状況でTDを許すかというペースでしたが、ここでT-Sizzle が値千金のインターセプト!

このようなリアクションができたのは「プレーが開始される前にWR Wallace と話す時間が長かったのを見て、WRへのScreen パスを読んでいたから」だそう。ハドルを組まないことが、裏目にでて不自然なコミュニケーションをあらわにしたということ。味と深みのあるプレーとなりました。

Video:Ravens defense, INT

tumblr_luej3picNx1qcs18zo1_500.jpg

Baltimore Ravens at 10:36
自陣29ヤードからの攻撃。

RB Ray Rice のランで3ヤードゲインした後にWR Torrey Smith へのHitch パスで2ヤードゲイン。3rd & 5となると、前半につづいて3rd Down における頼みの綱であるTE Dennis Pitta へパスを決めて6ヤードゲイン。

Rice へのショートパスでさらに7ヤード前進するも、Torrey へのHitch パスはノーゲイン。3rd & 3となると再びTE Pitta へのショートパスが決まりファーストダウンを更新します。Ricky のランが1ヤードでストップされると、TE Dickson へのパスで6ヤードゲイン。ここでSteelers はパスがインコンプリートであるとしてチャレンジをしますが、プレーは覆らずタイムアウトを失ってしまいます。

3rd & 3でショットガンからパスを展開すると、DE Brett Keisel とミスマッチとなっていたRice へのショートパスを決めてファーストダウン更新、さらに11ヤードのゲインとします。

敵陣27ヤード地点から1st Down とすると、さらにRice のランで4ヤード前進。つづくWR Boldin へのパスでインターフェアランスを誘発するとエンドゾーンより残り4ヤード手前で1st Down。プレーアクションからのパスを投げ捨てた後にRice のインサイドを突くランでTD!ターンオーバーをしっかりと得点につなぎ、この試合で1つ目のTDとします。

Video:RB Rice, 4-yd, run, TD

09000d5d823dc45c_gallery_600.jpg
(AP Photo/Don Wright)

Pittsburgh Steelers at 04:27
自陣20ヤードからの攻撃。

Mendenhall のランで10ヤード前進した後のプレーで、ホールディングとフォルススタートの反則があり1st & 25。WR Wallace へのショートパスで8ヤードゲインした後に、WR A.Brown へのパスを失敗して3rd & 17。ここから再びA.Brown へとパスを試みると、地面すれすれのところでキャッチしてファーストダウンを更新します。

Roethlisberger はリーグで1番、3rd Down ロングが得意なQBではないでしょうか。ロングパスや極端に高い、あるいは極端いに低いパスですんなりファーストダウンを更新してしまう印象が強いです。Ravens にとっては昨季のプレオフ以来の悪夢に。

Video:Brown's spectacular catch

ドライブは続き、TE Miller へとショートパスを2連続で試投して2回目で成功。タックルをかわして30ヤードのゲインとします。

Video:QB Roethlisberger to TE Miller, 30-yd, pass

さらにMiller へのショートパスを決めて12ヤード前進した後に、ハドルを組まずにMendenhall のランで5ヤードゲイン。ここで第3Qが終了します。

WR Cotchery へのショートパスを失敗して3rd & 5。ショットガンからパスを展開して、QB Roethlisberger がスクランブルに切り替えるとエンドゾーンの手前1ヤードでダウン。OT Trai Essex をTEの位置にセットしてからMendenhall にハンドオフするとTDランとします。

Video:RB Mendenhall, 1-yd, run, TD

Baltimore Ravens at 14:32
自陣20ヤードからの攻撃。このあたりからパスプロテクションのレベルが下がり、激しいパスラッシュにさらされ続けてオフェンスの調子を落としてしまいます。

はじめにパスを展開するもターゲットが見つからずOLB James Harrison にサックを浴びてマイナス2ヤード。

Video:Steelers defense, sack, 2-yd loss

Rice のランで2ヤード前進して3rd & 10。WR Torrey Smith へのパスで12ヤードゲインしてファーストダウンを更新します。つづいてFB Leach へのショートパスで5ヤード前進すると、RB Ricky Williams のランでファーストダウンを更新。

Ricky とRice のランで3ヤード、2ヤードと前進した後にWR Boldin へのショートパスで9ヤード前進。敵陣38ヤードに迫ると、Rice とRicky のランで2ヤードゲインした後にノーゲインとなり3rd & 8。ここでパスを展開したところ、このシリーズで2度目のOLB Harrison によるサックを浴びてから、さらにボールをファンブルロストしてしまい攻撃権を失います。

Video:Steelers defense, sack, 4-yd loss

Pittsburgh Steelers at 07:40
自陣42ヤードからの攻撃。

WR A.Brown へのパスを通して15ヤード前進した後にRB Mendenhall をノーゲインでストップ。2nd Down でパスを展開してILB が弾くも、うまい具合に後ろにいたWR Cotchery へとわたり13ヤードゲイン。Mendenhall のランで5ヤードゲインした後にWR A.Brown へのパスは失敗。3rd & 5から、バックフィールドにRBを据えない隊形からパスを展開すると、QB Roethlisberger がポケットの外に出ながら、エンドゾーンを横切って走るWR Wallace へとTDパスをヒット。第4Qにしてこの試合初めてのリードを奪います。

Video:QB Roethlisberger to WR Wallace, 25-yd, pass, TD

9a9dc49b67bae0e0f0520616845303e0-getty-131690305.jpg
(Photo by Jared Wickerham/Getty Images)

Baltimore Ravens at 04:59
自陣23ヤードからの攻撃。

ここから反撃に挑むも、パスラッシュをいなすことができずRice, Torrey, Pitta へのパスを3連続で失敗。終盤で時間を29秒しか使わなかったこと以外に何も良いことがなくパントを蹴ります。

Pittsburgh Steelers at 04:30
自陣46ヤードからの攻撃。

TE David Johnson へのショートパスを失敗した後に、RB Redman のランで1ヤードゲイン。DE Cory Redding にエンクローチメントの反則があり5ヤード罰退して3rd & 4。WR Cotchery へとパスを決めてファーストダウンを更新します。

つづくRedman のランに対してLBが素早く反応してマイナス3ヤードとすると、Ravens は後半2つ目のタイムアウトをとります。2nd & 13からRedman へとチェックダウンパスを通して8ヤード前進したところでRavens は後半3つ目のタイムアウト。

残り2分37秒で3rd & 5。パスを通されればいよいよ万事休すとなるところで、ディフェンスはダウンフィールドへのパスを防ぎ、さらにRB Moore の走るFlatZone へと投げさせたショートパスをインコンプリートとします。

4th Down となりFGフォーメーションを組むもディレイ・オブ・ゲームで5ヤード罰退。パントを蹴ります。

Baltimore Ravens at 02:24
自陣8ヤードからの攻撃。ここからチーム史上に残るドライブが始まります。

tumblr_luaszhfwY91qcs18zo1_500.jpg
(役目を終えて、サイドラインでエースQBを見守るEd Reed とRay Lewis)

エンドゾーンまで92ヤード。プレーは全てショットガンからのパスを展開していきます。

はじめのパスはサイドラインに投げ捨てた後、2nd Down でWR Boldin に通して21ヤードのゲイン。ここで残り時間が2分となりゲームクロックがストップします。

WR LaQuan Williams にパスを通して13ヤード前進した後に、 Rice へのパスがオーバースローとなりあやうくインターセプトされそうになりますが攻撃権を保持。息を整えなおすとBoldin へとショートパスをヒットして9ヤードゲインします。つづくL.Williams へのショートパスを失敗すると4th & 1。追い込まれたところで、再びBoldin へとショートパスをヒットして10ヤードゲイン。ファーストダウンを更新します。

62af07d260a408ee7ebfaf85efa44e50-getty-131687837.jpg
(Photo by Jared Wickerham/Getty Images)

TE Dickson へとショートパスを通してからそのままサイドラインへと出てゲームクロックがストップ。ここからエンドゾーンへと走り、1対1からセパレートしていたWR Torrey Smith へと頭越しにロングパスを試投するもドロップ。この後のキャッチがなければ痛恨のミス(管理人は思わず椅子からずり落ちました……)。

このシリーズで4回目となるBoldin へのパスを通して11ヤードゲイン。ここでSteelers がタイムアウトをとります。1st Down からパスを展開してエンドゾーンに向けて走るWR David Reed へとロングパスを試投するも、相手を振りきれず失敗。さらにBoldin へのパスを失敗して3rd & 10となります。

残り時間は12秒でタイムアウトは1つ。引き続きショットガンからパスを展開して、ショートパスではなくエンドゾーンへと走るWR Torrey Smith へとロングパスを浮かせると、今度は両手にボールをおさめてTDレセプション!マッチアップしていたCB William Gay を持ち前のスピードとテクニックで振り切ると(インターフェアランスを誘発していますが当然ディクライン)、ディープにいたFS Ryan Clark のサポートが来る直前にエンドゾーンを確保しました。ナイススロー、ナイスキャッチ!

Video:QB Flacco to WR Smith, 26-yd, pass, TD

09000d5d823dc575_gallery_600 (1)
(AP Photo/Don Wright)

880af9c81b2cda57d6ed4869731f9a22-getty-131690414.jpg
(Photo by Jared Wickerham/Getty Images)

Pittsburgh Steelers at 00:08
キックはタッチバックとなり自陣20ヤードからの攻撃。

ショットガンからWR A.Brown へのパスを失敗した後に、WR Wallace へとパスを通してからラテラルでつないでエンドゾーンを狙いますが途中でファンブルしてダウン。試合が終了します。

Video:Ravens defense, fumble recovery

Posted by you
comment:0   trackback:0
[2011 Season game
comment
comment posting














 

trackback URL
http://youyouyou0.blog119.fc2.com/tb.php/416-2f7cc580
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。