スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by you
 
[スポンサー広告
Week 17 Baltimore Ravens @ Cincinnati Bengals 【2nd Half】
hd.jpg

Highlights
PLAY-BY-PLAY
Gamecenter
Gameday
Photos
Preview
Quick Review
Report in January 【No.1】
Report in January 【No.2】
Report in January 【No.3】
1st Half
2nd Half
Review
Videos
Ravens postgame press conference
Bengals postgame press conference
Go Inside The Locker Room After Win Divison Title
First Half Highlights at CIN
Go Behind The Bench For The 2nd Half at CIN
Ravens' locker-room celebration
Ravens ready for anyone
Sound FX: On the field

AFC Defensive Player of the Month
8e71e8f39a69df83af1a92199ff581e2-getty-136322703.jpg
(AP Photo/Tony Tribble)

OLB Terrell Suggs が12月(と1月第1週) のAFC Defensive Player of the Month に選出されました。おめでとう。Suggs は同期間に5.0つサックと4つのファンブルフォースを記録してチームを4勝1敗に導いたことで、Defensive Player of the Year 受賞に向けて強かにアピール。

Suggs はシーズンを通して70 TKLs, 14.0 Sacks, 2 INTs, 7 FFで終えました。過去のデータを参考にしてみるとDPOY は2002年にBuccaneers のトータルディフェンスを1位に導いたLB Derrick Brooks が選出されて以降、ディフェンスのランキングがトップ10であるチームのいちから選出されており、そのうちでプレーオフに進出していない選手は2人。

単純に数字だけ見れば参考になるのは2006年のOLB Jason Taylor で、60 TKLs, 13.5 sacks, 9 FF, 2 INTs(2つともPick 6)。ただし、Taylor はチームが6勝10敗でプレーオフすら出ていません。

今季はSuggs の他に、トータルディフェンスが22位で終わったVikings から22.0サックを記録したDE Jared Allen が有力候補となっていますが、どうなるでしょうか。先日Twitter でRavens ファンの方とリプライを飛ばしあったのですが、Suggs は、14.0サックとスタッツを稼いでいながらパスラッシャーというよりはむしろランストッパーとして優秀ということで一致。エッジラッシュがいまひとつでレベルアップしてほしいというのも同じ意見です。その方はSuggs のことを「Steelers のTroy Polamalu のように、システム重要な部分を担っている」とも話しており、これにはなるほどな、と。

もしSuggs が選出されれば、2000, 03年にRay Lewis、04年にEd Reed が選出されて以来、Ravens の選手としては4度目となります。投票はすでに終わっており、発表は例年どおりスーパーボウルの直前に予定されています。

Suggs について、彼と逆サイドを守るOLB Jarret Johnson。「Suggs は選手として必要なものを全て備えているよ。彼はパスラッシャーでありながらランに対しても素晴らしいプレーをする。彼はスマートで、試合をよく理解しているし、フィールドではチームメイトとよくコミュニケーションをとっている。そして何よりもベストな一面は、彼のロッカールームでの姿だろうね。Suggs の人柄がどのようにしてチームメイトを惹きつけているかは語り尽すことはできないんだ」。

AFC Offensive Player Of The Week
tumblr_lx6v47mfLi1qcs18zo1_500.jpg

この試合の活躍によりRB Ray Rice がAFC Offensive Player Of The Week に選出されました。おめでとう。ランで獲得した191ヤードのうち1つはオープニングドライブで、もう1つはBengals にとどめを刺す第4QでのTD。いずれもOLの助けを借りながらロングゲインを果たしました。


-2nd Half-
Cincinnati Bengals at 15:00
Bengals のレシーブで試合再開。リターナーとしてボールを確保したBen Tate が自陣30ヤード地点までリターンしてスクリメージプレーへと移ります。

QB Dalton がWR A.J. Green を狙ったパスはSS Pollard がカットしてインコンプリート。つづいてパスラッシュを避けてポケットの外にでながらWR Simpson へとショートパスを通すもCB Jimmy Smith が素早くタックルを決めて2ヤードでストップ。3rd & 8から再びA.J. Green へとパスを試みるもCB Cary Williams によるタイトなカバーを振りきれずインコンプリートとなります。

Baltimore Ravens at 13:49
自陣29ヤードからの攻撃。

Rice のランで5ヤードのゲインを繰り返してファーストダウンを更新。さらに3ヤードゲインしたあとにDLにノーゲインでストップされると3rd & 7。TE Pitta へとショートパスを通してファーストダウン更新をねらうも、OLB Thomas Howard に綺麗なタックルを決められてしまい5ヤード前進したのみでダウンします。前半有効であったPitta へのショートパスを後半はアジャストですっかり潰されてしまいました。

Cincinnati Bengals at 10:16
自陣29ヤードからの攻撃。

RB Benson のランに対してDT Brandon McKinney がタックルを決めて3ヤードでストップ。2nd Down ではA.J. Green へのショートパスを通して8ヤード前進します。つづいてTE Gresham へとショートパスを通すもオフェンスにパスインターフェアランスがあり10ヤード罰退。

1st & 20からショットガンフォーメーションを組んで、3連続でパスを試みたところいずれも失敗。Benson へのパスをOLB Suggs がデフレクトして浮いたボールをあわやDT Haloti Ngata がインターセプトしそうになるもパスインコンプリート。つづいてDalton が試投したショートパスをSS Pollard がボールを手におさめたところすぐにWR Simpson が激しいタックルをかましてきたのでドロップ、3rd Down ではA.J. Green へと試投したパスをCB Cary Williams のタイトなカバーによりインコンプリートとします。

bd77e40c9bc7dc0121929be07a18c26f-getty-136322761.jpg
(Photo by Andy Lyons/Getty Images)

ここでパントリターナーとしてボールを確保しようとしていたWebb が判断を誤り、ボールをお手玉したままエンドゾーンまで後退してしまいますが、なんとかタックルを避けながら自陣12ヤード地点まで戻してダウン。モメンタムを失ってしまうところでした。

Baltimore Ravens at 07:57
自陣12ヤードからの攻撃。

Ricky Williams のランで5ヤード, 4ヤードと前進するもLT Michael Oher にホールディングの反則があり2nd & 14。Ricky のランで2ヤードゲインしてからTE Pitta へのScreen パスを通すも1ヤードゲインしたのみで4th Down となります。

Cincinnati Bengals at 05:21
敵陣48ヤードから攻撃開始。

WR Simpson へとショートパスを通して10ヤードゲインした後にRB Scott のランで3ヤードゲイン。つづいてILB Ray Lewis を振り切ってワイドオープンになりかけていたRB Scott へとショートパスを試投するも、伸ばした手よりも前にボールが飛んでインコンプリート。

3rd & 7からパスを展開してWR Simpson へと通すと10ヤードゲインしてファーストダウンを更新。ショットガンからRB Scott にハンドオフして左オープンへのランを展開すると、タックルをかわしてそのままエンドゾーンへと駆け抜けます。

DB陣はブロックをはずせず、コンテインもままならないうえにFS Ed Reed のアームタックル。Ed は首の怪我をひきずって身体を入れてタックルをすることができなかった、なんて言われていますがどうなんでしょうかね。このプレーだけでEd の評価を下げることはないですが、ひどかった。

Link:RB Scott, 25-yd, run, TD

09000d5d8259d3ec_gallery_600.jpg
(AP Photo/Darron Cummings)

Baltimore Ravens at 03:26
自陣20ヤードからの攻撃。

プレーアクションからWR Torrey Smith へとショートパスを通すも0ヤードでストップされた後に、Rice のランで4ヤードゲインすると3rd & 6。Ravens は後半1つ目のタイムアウトをとり息を整えてからパスを展開するも、LT, LG, RTの3方向からプロテクションを割られてしまいQBサックを浴びます。7点差とされた直後ですから、モメンタムを手放しかけてしまうビッグプレーを許すという形。

Video:Bengals defense, sack, 4-yd loss

Cincinnati Bengals at 01:27
自陣40ヤードからの攻撃でさらに得点のチャンス。

RB Benson のランで6ヤード, 3ヤードとゲインした後にBengals は後半1つ目のタイムアウトをとると、3rd & 1から再びBenson のランを展開して11ヤードゲイン。つづくパスを投げ捨てた後にWR Simpson とRB Leonard へのパスを失敗すると4th Down で46ヤードのFGアテンプト。これをK Nugent が決めて点差を4に縮めます。

Video:Nugent, 46-yd FG

Baltimore Ravens at 12:35
KRとしてWebb がボールを確保すると22ヤードリターンしてから自陣21ヤード地点でダウン。

QB Joe Flacco からWR Torrey Smith へとショートパスを通して13ヤード前進した後にRB Ray Rice へとチェックダウンパスを通して3ヤード前進。さらにRice のランで3ヤード前進して3rd & 4とし、ショットガンからTE Pitta へとタイミングパスを試投するも失敗。パントを蹴ります。

Cincinnati Bengals at 10:18
自陣20ヤードから攻撃開始。

TE Gresham へとショートパスを通して8ヤード、Benson のランで2ヤード前進するとファーストダウンを更新。さらにパスを展開するとQB Dalton がスクランブルに切り替えて13ヤード前進します。ここでサンドウィッチになったILB Jameel McClain が負傷退場しましたが、次のシリーズで戻ってきました。

Benson のランを左方向へと展開して12ヤード前進すると、いよいよ敵陣に侵入。Ravens のディフェンスも3シリーズ連続でテンポよくファーストダウンを更新されて厳しくなってきます。つづいてBenson のランで2ヤード前進した後に、Screen パスを捕ったTE Gresham がRACに切り替えたところでOLB Suggs から背後からファンブルフォース!すかさずSS Pollard がリカバーすると、値千金のターンオーバーとします。これがあるからSuggs をDPOYに推したいんですよね。ナイスプレー!

Video:Ravens defense, fumble recovery

09000d5d8259f073_gallery_600.jpg
(AP Photo/Tony Tribble)

Baltimore Ravens at 07:15
自陣40ヤード地点から攻撃権を手にするとRice の右方向へのランで3ヤードゲインした後にプレーアクションからFB Vonta Leach へとショートパスを通して6ヤードゲイン。3rd & 1から2RB 2 TE 1 WRというパーソネルでボックスを固めるとBengals のディフェンスもフロントに9人を密集させて対抗。

ここでRice にハンドオフして左方向のランを展開するとプレーサイドのFB Vonta Leach, TE Ed Dickson, LT Bryant McKinnie, LG Ben Grubbs, C Matt Birk 達のブロックが綺麗に決まり、Rice はダウンフィールドに残ったFS Reggie Nelson をかわすだけ。エンドゾーンまで51ヤードを走りきってTDとします。

言うまでもなくこの試合のRice は凄かったですが、このようにリプレーを振り返ってみると、最初のTD合わせてロングゲインはいずれもブロッカーと絶妙なプレーコールのおかげだったことがわかります。左, 右と両方で良いプレーを果たせたのも良かった。

ターンオーバーの後3プレーでTDを決めて11点差。再びモメンタムを引き寄せることに成功します。

Video:RB Rice, 51-yd, run, TD

736f9aea63b5d4578c6e61071ef3e184-getty-136322706.jpg
(Photo by Andy Lyons/Getty Images)

Cincinnati Bengals at 05:41
自陣20ヤードからの攻撃。

最初のパスをインコンプリートとするも、投げた後にDT Haloti Ngata がQB Dalton に対して激しいヒットをかましたのでラフィング・ザ・パッサーの反則をとられて15ヤード罰退。状況を踏まえると余計な反則でNgata らしくないラフプレーでした。

つづくパスをインコンプリートとした後に、2nd Down のパスに対してDE Pernell McPhee が手をあげてデフレクト。3rd & 10となるもWR Simpson へとパスを通して23ヤードゲインするとファーストダウンを更新します。

敵陣に侵入すると、1st Down のパスを失敗した後にOLB Suggs のオフサイドで2nd & 5。ショットガンからパスを展開すると、WR Hawkins へとボールを浮かせて26ヤードのゲインとします。Preview で名前をあげて警戒していましたが、ここで来たか、というプレー。ダブルムーブとパンプフェイクのコンボに引っ掛かったSS Pollard が一瞬の隙を作ってしまいました。

Video:QB Dalton to WR Hawkins, 26-yd, pass

敵陣11ヤード地点からドライブをつづけるとRB Leonard へとショートパスを通して3ヤードゲイン。その後に展開したパスをセカンダリーがしっかりとカバーすると、パスラッシュを避けてステップアップしながらスクランブルに切り替えようとしていたDalton に対してOLB Suggs がタックルを決めます。スクリメージラインを越す前でしたから記録はQBサック。

Video:Ravens defense, sack, 1-yd loss

3rd Down でもDalton をスクランブルに追い込むと、Ray Lewis がタックルを決めて4th Down。23ヤードのFGアテンプトをK Nugent が決めます。

Baltimore Ravens at 02:39
オンサイドキックを警戒していたリターンチームをよそにエンドゾーンへと蹴り込んでタッチバック。自陣20ヤード地点からの攻撃となります。

この試合で怪我を押して出場し、この度オールプロのセカンドチームにも選出されたRG Marshal Yanda が今季初のファルススタートを犯して5ヤード罰退。16試合にフル出場して反則自体が今季初という素晴らしい成績でしたから仕方ないですね。

Rice のランを左方向へと展開すると15ヤードゲインして、さらにフィールド内でダウン。ゲームクロックをストップさせないまま貴重なファーストダウンを獲得してBengals にタイムアウトを消費させます。よく見るとリードブロッカーとしてFB Leach がOLB Thomas Howard とMLB Rey Maualuga の2人をとっていますね。すごい。Rice が内でダウンしたこと、Leach のブロックとこちらは個人技が光ったプレーでした。

Video:RB Rice, 16-yd, run

14d0408d5162966547cf8cf2f791f7ef-getty-136322709.jpg
(Photo by Andy Lyons/Getty Images)

Rice のランを3回連続で展開して4th Down。この間にBengals のタイムアウトと2ミニッツで時計が止まった後、残り1分5秒として相手へと攻撃権を渡します。

Cincinnati Bengals at 01:05
自陣20ヤードから攻撃。このドライブの途中で他チームの結果により、Bengals のプレーオフ進出が決まってスタジアムは賑わっていましたね。

QB Dalton からTE Gresham へとロングパスを通して31ヤードゲインとして、その後にRB Leonard へとショートパスを通して敵陣33ヤードまで迫りますが、残り時間も少なくなりヘイルメアリーを2発投げて、いずれも失敗。Ravens が逃げきり試合が終了します。

Video:QB Dalton to TE Gresham, 31-yd, pass
Posted by you
comment:0   trackback:0
[2011 Season game
comment
comment posting














 

trackback URL
http://youyouyou0.blog119.fc2.com/tb.php/461-8bf01f24
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。