スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by you
 
[スポンサー広告
AFC Championship Baltimore Ravens @ New England Patriots 【Preview No.1】
09000d5d824b7ee9_gallery_600.jpg
HC Bill Belichick (AP Photo/Elise Amendola)

THE NEW ENGLAND PATRIOTS 2011-2012

Videos
New England Patriots 2012
2011: Best of Tom Brady
Divisional Round: Rob Gronkowski highlights
2011: Best of Rob Gronkowski
Divisional round: Tom Brady highlights
GameDay: Ravens vs. Patriots highlights
Ravens 33, Patriots 14
Best Super Bowl matchup?
AFC Championship expectations
21st and Primetime
Planning for Brady
A Football Life: Bill Belichick
Unstoppable force meets the immovable object
Battle of the elite
Slowing down Brady
Belichick: 'It's an honor to be playing in the AFC Championship'
Tom Brady: 'Game can't get here fast enough'
Championship Wednesday: Leadership at middle linebacker
Championship Wednesday: Patriots' legendary lineman
Championship Wednesday: Bill Belichick
Sound FX: Broncos vs. Patriots
Sound FX: Brady and Belichick
Lessons learned
The Marshall plan
Defense making a comeback?
Ravens look to bully Patriots
Is Patriots' weak schedule a disadvantage?
Dilfer, Flacco comparisons unfair
Reed-ing the wrong script?
What's at stake for Flacco?
Tale of the Tape: Ravens vs. Patriots


Offense
Total Offense
428.0ヤード (2位)
Rush Offense
110.2ヤード (20位)
Pass Offense
317.8ヤード (2位)
Points Per Game
32.1点 (3位)

09000d5d82416eac_gallery_600.jpg
#12 Tom Brady (Aaron M. Sprecher/NFL)

QB Tom Brady は6巡全体199位でNFL入りして2年目に、エースQBが負傷退場したことをきっかけに先発を任せられると、そのまま地区優勝を果たしてさらにスーパーボウルを制覇しました。その後、ディフェンスは何度も入れ替えがあった一方で、HC Bill Belichick とQB Tom Brady のコンビだけは変わらず、現在にいたるまで常勝チームを作ってきました。


#1 - Tom Brady - The Top 100 Players of 2011 (via BostonSportsFTW)

Brady はこれまで5,321回の試投に対してパス成功率63.8 %を記録して、約4万ヤード獲得すると300個のTDに対して被インターセプトはわずか115個のみ。その間にチームは2001, 2003, 04, 05, 06, 07, 09, 10, 11年で地区優勝を果たし、スーパーボウルに4回出場すると、そのうち3回で勝利しました。2001年以来、Brady がシーズンアウトとなりMatt Cassel が先発をはった2008年を除くとレギュラーシーズンで123勝37敗という高い勝率をマークしています。

今季のBrady はCP/AT 401/611 5,235 YDS 39 TD 12 INT と万全の成績。すべてのQBと同じようにBrady も苦戦している試合は必ず被インターセプトと被サックの数が多くなっており、こうした数字から崩していかなければなりません。やや多くなっていたサック数もWeek 16,17で4つのサックを許したあと、先週はBroncos の強力なディフェンスに対して0で乗り切っており、調整は万全か。

09000d5d8223120b_gallery_600.jpg
#63 Dan Connolly, #83 Wes Welker, #39 Danny Woodhead & #84 Deion Branch (AP Photo/J Pat Carter)

Brady が5,000ヤードも投げているので、レシーバーのスタッツも凄い。WR Wes Welker の122回1,569ヤード獲得を頭にして、TE Rob Gronkowski が90回1,327ヤード, TE Aaron Hernandez が79回910ヤード, WR Deion Branch が51回702ヤードで、それ以下は300ヤード未満でWR Chad Ochocinco, RB BenJarvus Green-Ellis, RB Danny Woodhead とつづいています。

TE Rob Gronkowski は2年目にして昨季より2倍多い記録をマークしており、その原動力は6'6" (198 cm) 265 lbs (120.2 kg) の巨体とは思えない身体能力にあります。いくつものルートを高いレベルで走ることができ、LBをクイックネスで, DBをサイズで圧倒する。レッドゾーンでもめっぽう強く、17個もTDを記録しています。

Video:2011: Best of Rob Gronkowski

09000d5d82289397_gallery_600.jpg
#87 Rob Gronkowski (Kevin Hoffman-US PRESSWIRE)

地上戦ではRB BenJarvus Green-Ellis が相手を削る。レギュシーズンでは181回で667ヤード走って最長が18ヤードながら11個もTDを記録しています。ルーキー Stevan Ridley は87回441ヤード走って、平均は5.1ヤードと高め。33ヤードのTDランを記録したRaiders 戦で97ヤード、最終週に81ヤード走っています。2人ともシチュエーションによって器用に使い分けされており、両TEのブロックを無駄にしていません。

レギュラーシーズンで5回だけRBとして走っていたAaron Hernandez は、先週のBroncos 戦だけで5回61ヤード走っており、これは次戦の布石なのか。Empty でシリーズを始めてノーハドルからHernandez をRBとしてセットさせることができたりとPatriots のパーソネルは奥が深いですねえ。

09000d5d8259c5a0_gallery_600.jpg
#42 BenJarvus Green-Ellis (AP Photo/Elise Amendola)

Welker を抑えたと思ったら、Gronkowski がパワフルなキャッチをしている。Gronkowski 対策が万全かと思ったら、Branch に一発持っていかれる。Branch をシャットダウンしと思ったら、Hernandez にやられる。両TEへのパスに対応しようとDBの人数を増やしたら地上戦でやられる。もうわけがわからんです。

Defense
Total Defense
411.1ヤード (31位)
Rush Defense
117.1ヤード (17位)
Pass Defense
293.9ヤード (31位)
Points Per Game
21.4点 (15位)

数字こそリーグで下から数えた方が早いですが、あくまでPatriots のディフェンス。各ユニットでビッグプレーを果たすことができるタレントがそろっており、Bill Belichick が彼らを操って組む高度なシステムにより、様々な形で相手に仕掛けることができます。

09000d5d824b9dee_gallery_600.jpg
#75 Vince Wilfork & #93 Andre Carter (AP Photo/Elise Amendola)

フロントのサック数をみるとDE Mark Anderson が10.0で最多。Anderson のほかDE Andre Carter が開幕戦から@ Broncos まで14試合に出場して10.0サックを記録しましたが、既にIR入りしています。つづいてOLB Rob Ninkovich が6.5, DT Vince Wilfork が3.5, DT Kyle Love が2.0, DE Brandon Deaderick が2.0と現在ロスターに残っている選手のうちでは説得力のある数字を残せていません。

インターセプションはCB Kyle Arrington が記録している7つの他はCB Antwaun Molden, CB Devin McCourty, FS Sterling Moore, ILB Jerod Mayo, DT Vince Wilfork, OLB Rob Ninkovich が2つずつ。Carter を欠いてフロントの圧力が小さくなっているせいか、DBは思うように動けていないません。

e5fb4043dac448dbbaa86ee03dd2b44e-getty-136100043.jpg
#51 Jerod Mayo & #44 James Ihedigbo (Photo by Jim Rogash/Getty Images)

今季は対戦にあたって、LB Patrick WillisBrian Cushing を紹介してきましたが、Jerod Mayo も2人と肩を並べるオールプロ級のラインバッカー。そして、3人とも尊敬する選手の名前にRay Lewis をあげている。

Mayo はTennessee 大学を卒業して2008年のドラフト1巡全体10位でPatriots に指名されると、1年目でディフェンスの最優秀新人賞に、3年目にはオールプロに選出されました。Mayo は6"1' (185 cm), 245 lbs (111.1 kg) というフィジカルと、Bill Belichick の与えるスキームを噛み砕いてディフェンスをリードするインテンリジェンスを兼ね備えており、ラン, パスともにその存在感は大きい。1巡上位指名に見合った一流選手です。
Posted by you
comment:1   trackback:0
[2011 Season game
comment
自然と目が覚めました。今日は楽しみたいと思います。
Play like a Raven!!!
2012/01/23 05:05 | URL | edit posted by maguma
comment posting














 

trackback URL
http://youyouyou0.blog119.fc2.com/tb.php/465-ed1a07d8
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。