スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by you
 
[スポンサー広告
Divisional Playoff Houston Texans @ Baltimore Ravens 【2nd Half】
hsdgh.jpg

Highlights
PLAY-BY-PLAY
Gamecenter
Gameday
Photos
THE HOUSTON TEXANS 2011-2012
Preview No.1
Preview No.2
Quick Review
1st Half
2nd Half
Review No.1
Review No.2
Videos
Ravens postgame press conference
Texans postgame press conference
Reed ready to roll
Divisonal Playoff Weekend: Arian Foster
Harbaugh celebrates with Ravens

tumblr_lxydyuNuYv1qcs18zo1_500.jpg


-2nd Half-
Baltimore Ravens at 15:00
Ravens のレシーブで試合再開。キックはタッチバックとなり、自陣20ヤード地点から攻撃を開始します。

Rice のランで1ヤード, 3ヤードとゲインして3rd & 6。パスを展開するもOLB Brooks Reed にサックを浴びて4th Down となります。

3rd Down でパスラッシュをかけているのはまたしても、DT(DE) J.J. Watt, DT Antonio Smith, DE(OLB) Connor Barwin, DE(OLB) Brooks Reed の4人だけであり、ここではよくプロテクトしてFlacco に時間を与えていました。しかし、ダウンフィールドに出たレシーバーは誰一人オープンになることがないままサックを許してしまいます。

画面越しに見る限り、せめてRice に目を向けてチェックダウンパスを投げるべきだったのでしょう。目の前を走っていたTE Ed Dickson をリードブロッカーとして使って、ファーストダウン更新を果たせたかもしれません。

Video:Texans defense, sack, 5-yd loss

自陣19ヤードからのパントでしたが、P Sam Kock のナイスキックとHaruki Nakamura のナイスタックルで敵陣20ヤード地点で仕留めました。何気ないですが、接戦においてこういったプレーはとても大切。

93a6e89b6275435464c605aecb4131a7-getty-137109424.jpg
#55 Terrell Suggs & #43 Haruki Nakamura (Photo by Chris Trotman/Getty Images)

Houston Texans at 13:03
自陣20ヤード地点からの攻撃。

Foster のランを2連続で展開したところ、8ヤードゲインしたあとにゼロヤードでストップされて3rd & 2。TE Casey へのパスはインコンプリートとなり3 & OUT。

Baltimore Ravens at 11:45
自陣31ヤードからの攻撃。

Rice のランに対してDE J.J.Watt が素早く反応してマイナス1ヤードとされると、つづけて展開したパスではJ.J.Watt にサックを浴びてしまいます。何度でも書きますが、ここでもパスラッシュをかけているのはDT(DE) J.J. Watt, DT Antonio Smith, DE(OLB) Connor Barwin, DE(OLB) Brooks Reed の4人。ここではQBに時間を与えないままポケットを潰されてしまいました。これではキツい。

Video:Texans defense, sack, 8-yd loss

3rd & 19と長い距離を残してしまうと、TE Ed Dickson へのScreen パスを展開。14ヤードゲインしたのみでファースダウンは更新できず3 & OUTとなります。

Houston Texans at 09:35
自陣22ヤードからの攻撃。

Foster のランで2ヤードゲインした後に、プレーアクションからWR Andre Johnson へとパスをヒットして17ヤードゲイン。つづいてFoster のランで4ヤードゲインした後に、WR Walter へとパスを通して19ヤードゲインすると敵陣36ヤード地点から1st Down とします。

09000d5d82606061_gallery_600.jpg
#13 T.J.Yates & #23 Arian Foster (AP Photo/Nick Wass)

Foster のランで2ヤードのゲインを繰り返すと3rd & 6。ショットガンからパスを展開したところ仕掛けたBlitz でQBにプレッシャーをかけことに成功すると、QBは苦し紛れにWR A.Johnson へと投げてパスインコンプリートとなります。

50ヤードのFGアテンプトとするもK Rackers のキックはクロスバーにあたって惜しくもノーグッド。点差は4のままRavens に攻撃権を与えます。

Video:Rackers, 50-yd missed FG

Baltimore Ravens at 05:54
自陣40ヤード地点から攻撃を開始すると、プレーアクションからTE Dennis Pitta へとパスをヒットして16ヤードゲイン。つづいてWR Boldin へとパスを試投するも目の前のILB Cushing にはたき落とされてインコンプリートとなります。

RB Ricky Williams のランで5ヤード前進して3rd & 5。ショットガンからパスを展開したところ、サイドライン際のWR Lee Evans へと厳しいボールを送りますが、片手でスーパーキャッチ!

Evans はBills と指名権を代償にしてトレードして獲得しましたが、レギュラーシーズン中のパフォーマンスは"期待はずれ"というべきものでした。レギュラーシーズンで4回キャッチして、これが5回目ですからねえ。と、細かいことは気にせずに全て帳消しということで、次戦も期待したいところ。今週のハイライトとなりました。

Video:QB Flacco to WR Evans, 30-yd, pass

tumblr_ly20k7iiFU1qcs18zo1_500.jpg
#83 Lee Evans & #25 Kareem Jackson

敵陣9ヤード地点で1st Down とするとRice のランで5ヤードゲイン。つづいてRice にハンドオフしたところ、うまく手におさまらずボールをファンブル。ボールは運良く前に転がったところでLG Ben Grubbs がリカバーしたので、結果的に2ヤード前進して敵陣2ヤード地点から攻撃を続けます。

Video:Rice can't hang on

3rd Down でRice のランを展開するもエンドゾーンにはたどり着くことができず、1ヤードゲインしたのみでダウン。ここでRavens はタイムアウトをとり、OT Jat Reid をLTの左隣に据えると4th Down ギャンブルにいどみます。Rice にハンドオフしてパワーランで勝負を仕掛けるも、LB Tim Dobbins に阻まれてエンドゾーンの手前でダウン。攻撃権をTexans に譲ります。

Video:Texans defense, 4th down failed

50c206955352c3674cf4dfab78154cd4-getty-137109529.jpg
#27 Ray Rice (Photo by Rob Carr/Getty Images)

Houston Texans at 01:53
自陣1ヤード地点から攻撃開始。

最初にWR A.Johnson へとロングパスを試投するもCB Cary Williams を振りきれないまま失敗。Foster のランを展開するも2ヤード, 1ヤードとストップされて4th Down となります。

Baltimore Ravens at 00:25
敵陣49ヤード地点からの攻撃で、再び得点のチャンスをつかみたいところ。Rice のランで4ヤード前進した時点で第4Qに突入した後、Rice へのScreen パスを展開するも、ILB Ryans の素早いタックルにあいマイナス4ヤード。3rd & 10からパスを展開するも激しいパスラッシュにあい、苦し紛れにRice へとチェックダウンパスを決めて4ヤードゲインしたのみで4th Down となります。

Houston Texans at 13:30
自陣20ヤード地点から攻撃。

Foster のランで6ヤード, 7ヤードと前進されるも、次は1ヤードに抑えると2nd Down のパスもインコンプリートとします。つづいてWR Walter へとショートパスを通してからRACでファーストダウン更新を狙おうとしたところをSS Pollard がしっかりとタックルを決めて4th Down とします。

tumblr_ly20qjwXMH1qcs18zo1_500.jpg

Baltimore Ravens at 11:07
自陣25ヤードからの攻撃。

Ricky のランで3ヤード前進した後に、TE Dickson へのパスを失敗すると3rd & 7。ショットガンからパスを展開したところDE(OKB) Reed とDT(DE) J.J.Watt に挟まれてサックを浴びます。ここでも同じ4人、、。これだけ簡単に4人だけでサックをとってきてくれれば、DCもさぞかしラクでしょうねえ。

Video:Texans defense, sack, 12-yd loss

Houston Texans at 09:34
自陣31ヤードからの攻撃。

最初のプレーでWR A.Johnson へとパスを通して19ヤードゲインするとハーフウェイから1st Down。つづいてFoster へのScreen パスを展開するとILB Ray Lewis が素早く反応してマイナス7ヤードとします。2nd Down でFoster にハンドオフしたところDT Haloti Ngata がボールかき出してファンブルを誘発するもTexans の選手がリカバーして攻撃権を保持。3rd & 12からパスを展開してWR Walter へと試投したところ、CB Lardarius Webb がインターセプト!

これによりWebb は2000年のDuane Starks と2008年のEd Reed につづいて、ポストシーズンで2つのインターセプトを記録した3人目のRaven となりました。Webb さんハンパないっす。

Video:Ravens defense, INT

eab734e64ca66cd8f900faa6e2e4b706-getty-137114246.jpg
#21 Lardarius Webb (Photo by Rob Carr/Getty Images)

Baltimore Ravens at 07:21
自陣29ヤード地点から攻撃を開始。

Rice のランで2ヤードゲインした後に、TE Pitta へとパスを通して13ヤードゲイン。さらにWR Torrey Smith へとパスを通して9ヤードゲインすると残り1ヤードをFB Vonta Leach にハンドオフして獲得します。

Rice のランを1ヤードでストップされた後に、WR Boldin へとタイミングパスをヒットして14ヤードゲイン。Rice のランで5ヤードゲインしたところで、後半の残り時間は3分。Texans は1つ目のタイムアウトをとります。

ここからWR Boldin へのタイミングパスとTE Dikcson へのショートパスを試投していずれも失敗します。ランを展開していれば相手のタイムアウトとゲームクロックを消費できましたが、HCの話によると、ここではFlacco にオーディブルの権利を与えており、その結果パスでとりにいったそうです。

44ヤードのFGアテンプトとしてK Billy Cundiff が成功。Cundiff はシーズンを通して第4QのFGを外しておらず、この試合でも貴重な追加点を獲得しました。ナイスキック!

2d0e25031ad2978dffc8cd1072f28d0d-getty-137113562.jpg
#7 Billy Cundiff (Photo by Patrick McDermott/Getty Images)

Houston Texans at 02:52
両チームともタイムアウトを2つ残して、ゲームクロックが3分を切ったところで自陣28ヤードからの攻撃を開始。

はじめにパスを展開して、QB T.J.Yates がWR A.Johnson へとヒットして18ヤードゲイン。つづいてハドルを組まずにプレーを続けると、さらにA.Johnson へとミドルレンジのパスをヒットして16ヤードゲインします。ここで後半の残り時間は2分となり、ゲームクロックが停止しました。

敵陣38ヤード地点から1st Downとして、WR Andre Johnson へとロングパスを浮かせるとFS Ed Reed が値千金のインターセプト!エンドゾーン手前で攻撃権を奪い、Texans の息の根を止めました。

やっぱEd Reed 様はネ申

1e0bbe33fc6cb899a17f61087e56a952-getty-137116252.jpg
#20 Ed Reed, #80 Andre Johnson & #22 Jimmy Smith (Photo by Chris Trotman/Getty Images)

サイドライン際でルーキーCB Jimmy Smith と競り合いながらエンドゾーンまで走っていたWR Andre Johnson へとボールを浮かせたパス。"ルーキーCB 対 エースWR" 、このマッチアップを見ればWRの能力に任せてロングパスを試投する判断に間違いはないように見えますが、QB T.J.Yates はトップにいた"ボールホーク" FS Ed Reed を見逃していたようです。

Video:Ravens defense, INT

tumblr_lxx1wuLhhO1qcs18zo1_500.jpg
#21 Lardarius Webb & #20 Ed Reed

Baltimore Ravens at 01:51
自陣4ヤード地点からの攻撃。

Ray Rice のランで9ヤードゲインするとTexans が後半2つ目のタイムアウトをとります。つづくRice のランをノーゲインでストップされると3つ目のタイムアウト。3rd & 1からFB Vonta Leach にハンドオフして残り1ヤードを狙うもわずかに届かずダウン。

プレークロックが0秒になる直前にRavens がタイムアウトをとり、パントとします。細かいこというと、ガンナーはすぐにボールを確保せずに時計を流すべきでしたよね。

Houston Texans at 00:45
自陣48ヤードからの攻撃。

QB T.J.Yates からTE Daniels へとショートパスを通して9ヤードゲインするも、つづくパスは2連続で失敗。4th Down からパスを展開すると、狙いはファーストダウン更新ではなくエンドゾーン。3人のWRがいるところへボールを高く浮かせると、Ed Reed らがはたき落として勝負を決めます。

もともと抱えていた肩の痛みが悪化したうえ、さらに足首も傷めてしまったEd はRay Lewis とJimmy Smith の肩を借りながらサイドラインへ。お疲れ様でした。

Video:Ravens stop Texans on fourth down

8ad39141a910895b1c8b7195763b6b01-getty-137116032.jpg
#52 Ray Lewis, #20 Ed Reed & #22 Jimmy Smith (Photo by Rob Carr/Getty Images)

Baltimore Ravens at 00:11
ヴィクトリーフォーメーションを組んで試合終了。

ILB Ray Lewis とRB Arian Foster は、試合後に自身の着ていたジャージにサインを入れて交換しあっていましたね。



5f1734401cf6769097b191e87a322020-getty-137115978.jpg
Ray Lewis & Arian Foster (Photo by Patrick McDermott/Getty Images)


Posted by you
comment:0   trackback:0
[2011 Season game
comment
comment posting














 

trackback URL
http://youyouyou0.blog119.fc2.com/tb.php/477-84b1c265
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。