スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by you
 
[スポンサー広告
グラッブズ, レディング, JJ
JJJJJJJJJJJ.png

"ニーズがうんぬん"と書いても説得力が欠けていたはずで、デプスチャートをつくりました。Off-Season 2.0 とあわせて、適当に手を加えていく形とします。チャートは管理人が作った非公式のもので、UFAは除きRFAは確保したものとして入れました。空欄について、たとえば"2nd が空いているRBは2番手クラスの選手が不在" ということです。
Grubbs はSaints へ
メディアでも、このブログでも最大の課題としていたOG Ben Grubbs とは再契約できませんでした。Grubbs はSaints と5年$36M($16Mの保証つき)で合意したようです。ちょうど1日前にCarl Nicks がBuccaneers と5年$47.5M、現役OGとして最高額で契約した後、Grubbs は間をあけずにSaints との契約に至りました。

09000d5d815c6e31_gallery_600.jpg
#66 Ben Grubbs (AP Photo/Mark Duncan)

管理人が家に帰ってきたところで携帯を開いたら流れてきたニュースで、珍しくTwitter で速報を流しました。さっそくRavens ファンの2人から「この先どうするよ」という旨の返信がきたのでやりとりしたところ、ドラフトを絡めるべきという結論に。

デプスチャートのとおり、現時点ではCとOGが合わせて2人しかいません。この状況を踏まえて思いつくのは、Baltimore を訪問しているらしいEagles のOG Evan Mathis など安価に契約できる選手を、ドラフト1, 2巡で指名した選手と先発争いさせる、といったところでしょうか。あるいは、Eric SteinbachSteve Hutchinson といった実績のあるベテランと契約するか。C Matt Birk と再契約した上で、ドラフトでPeter Konz を指名して、CかOGの都合が良い方で起用するという手段もありますね。

Grubbs は2007年のドラフト1巡で指名した選手で、順位は29で今年と同じ。OGを指名するなら縁起が良いかな。


Redding はChuck Pagano のもとへ
09000d5d81d6416e_gallery_600.jpg
#93 Cory Redding (AP Photo/Rob Carr)

FAとなっていたDE Cory Redding が、昨季までのDC Chuck Pagano が新たにHCを務めるColts と、3年$10.5Mで合意しました。Redding の代わりはArthur Jones とPernell McPhee の5巡コンビと、さらにFAかドラフトで獲得した選手を加えて競わせることになるでしょう。

なんかこう惜しいので、Redding のハイライトを紹介しますね。

Cory Redding 4th quarter INT
2010年のSaints 戦。後半残り時間がおよそ1分、エンドゾーンまで持って行かれたら逆転というところで、DT Haloti Ngata が弾いて宙に浮いたボールをRedding が拾い、勝利を決めました。強敵相手に良い試合ができたので、今でも印象に残るラストとなっています。

Divisional Round Can't-Miss Play: That's so Raven
2011年度ディヴィジョナルラウンドでのSteelers 戦。OLB Terrell Suggs がサックを決めたあと、QBの手元からボールが転がり落ちるも、フィールド上の21人はプレーが終了したものだと思いこんでいました。唯一気がついた22人目のRedding がボールを拾いエンドゾーンまでかけこんでTD、ベテランらしい冷静な判断が光りました。

Ravens defense, sack, 8-yd loss
2011年の49ers 戦で決めたQBサック。Redding らしくプレーのあとに唸る姿が最高にかっこよかった。


JJ はJohn Pagano のもとへ
09000d5d81958d97_gallery_600.jpg
#95 Jarret Johnson (AP Photo/Rob Carr)

FAとなっていたOLB Jarret Johnson が、Chuckの弟John Pagano が内部昇格して新たにDCを務めるChargers と4年$19Mで合意しました。JJの代わりは、Paul Kruger とSergio Kindle が争う見込みで、DEとは違いこちらは2人とも2巡で指名した選手ですから現有の戦力でなんとかしてもらいたいところ。特に昨季から調子を上げているKruger は契約最終年ということで、勝負どころでしょう。

JJのハイライトもぺたり。

Jarret Johnson INT
2009年のBears 戦。QBがリリースした直後のボールをインターセプト、OLBのプレーとして至高っすね。

Ravens defense, sack, 7-yd loss
2010年のSaints 戦。Redding の方にも書いた試合で、JJのプレーもよく覚えています。

Ravens defense, sack, 6-yd loss
2011年度のTexans 戦。いかにもJJ らしい、力強いパスラッシュ。ILBもできるバーサタイルな選手の一面です。


外野から眺めるファンとして、代わりのきかない選手が出て行くだけのニュースを見るのはしんどいけど、FA解禁から数日で早々と結論が出たことは良かった。次は、ILB Jameel McClain やC Matt Birk あたりがメディアの焦点となるでしょう。高額になるはずの契約は全て避けたので、INのニュースもぼちぼち入ってくる・・・はず。


References
Saints, OL Grubbs agree on 5-year, $36M deal
Re-signing Grubbs a tall order for Ravens
Ravens aren't waiting around for Grubbs
Ravens' Cory Redding signs with Colts
Redding Signs With Colts
Johnson Agrees To Deal With Chargers
Baltimore Ravens - Player Contract Information
Posted by you
comment:0   trackback:0
[Baltimore Ravens
comment
comment posting














 

trackback URL
http://youyouyou0.blog119.fc2.com/tb.php/514-f14a3087
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。