スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by you
 
[スポンサー広告
Week 3 vs. Patriots 【Preview 1】

nwe.gif
vs. New England Patriots
試合開始 9/24(月) 午前 09:20 NBC
LIVE放送 9/24(月) 午前 09:15 G+
再放送 9/25(火) 午後 10:00 G+
録画放送 9/26(水) 午前 01:00 NHK BS1

公式 HP
NFL.com Profile

Videos
New England Patriots 2012
2012: THE BEST NEW ENGLAND PATRIOT VIDEO
New England Patriots Best Plays [Seasons 09-11]
Preview: New England Patriots vs. Baltimore Ravens
'Playbook': New England Patriots vs. Baltimore Ravens



Patriots Defense

2011年シーズン
22.4失点(15位)
パス 293.9ヤード(31位)
ラン 117.1ヤード(17位)
合計 411.1ヤード(7位)
ファーストダウン 370回 <ラン 101回, パス245回, 反則 24回>
3rd Down Conv 87/202 43.1%
サック 61個
Time of Possession 31.12分

#75 DT Vince Wilfork Comb 52個, 3.5サック, 1FF, 2INT
#50 DE Rob Ninkovich Comb 74個, 6.5サック, 1FF, 2INT
#51 LB Jerod Mayo Comb 95個, 1.0サック, 1FF, 0INT
#24 CB Kyle Arrington Comb 88個, 0.0サック, 0FF, 7INT

Pro Bowl
DT Vince Wilfork (Starter), {DE Andre Carter (Starter)}

All-Pro
DT Vince Wilfork (Second Team)

IN
DE Chandler Jones (1st Round, Syracuse), DE Trevor Scott (from Raiders)
OLB Bobby Carpenter (from Lions), OLB Dont'a Hightower (1st Round, Alabama)
CB Will Allen (from Dolphins), CB Marquice Cole (from Jets)
S Tavon Wilson (2nd Round, Illinois), S Derrick Martin (from Giants)
S Steve Gregory (from Chargers)

OUT
DT Mike Wright (released), DE Shaun Ellis (free agent), DE Andre Carter (free agent), DE Mark Anderson (to Bills), OLB Gary Guyton (to Dolphins), MLB Dane Fletcher (out for season), CB Antwaun Molden (to Giants), CB Nate Jones (free agent)

jsrtjhs.jpg
[Ravens Offense vs. Patriots Defense] クリック・拡大推奨


キープレイヤー

eht.png

Chandler Jones (チャンドラー・ジョーンズ)
Syracuse 大学, 1990年, Rochester, New York 州 生
DE, 6'5" (196 cm) 260 lbs (117.9 kg)
2012年ドラフト1巡全体21位
2012- New England Patriots
2012年 10個, 1.0サック, 2FF, 0INT


チャンドラー・ジョーンズはニューヨーク州で生まれた。兄弟のうちアーサーはシラキュース大学を出て2年前のドラフト5巡全体157位でレイブンズに指名された。ジョン“ボーンズ”ジョーンズ(Wikipedia)は総合格闘家。史上最年少でUFC世界王者になった実績をもつ。チャンドラーは先に生まれた2人から大きな影響を受けて育ったという。

チャンドラーはアーサーと同じシラキュース大学でプレーした。レッドシャツを経て2年目から先発しはじめると最終学年をスキップしてアーリーエントリーした。この間、膝の怪我に苦しんだことがある。

ジョーンズ家は兄弟3人のほか親戚を集めて指名を待った。ペイトリオッツは持っていた1巡全体27位指名権と3巡指名権を代償にして1巡全体21位にトレードアップしてからチャンドラーを指名した。

10899306-large.jpg
Chandler Jones (right) talks to a New England Patriot representative while father Arthur Jr. (back) and brothers Jon (left) and Arthur celebrate. (Frank Ordoñez / The Post-Standard)

Videos
Chandler Jones' big bros
Keeping up with the Joneses
Preview: New England Patriots vs. Baltimore Ravens


チャンドラー・ジョーンズはエッジラッシャーの理想に適う長い腕をもつ。とくに上体の使い方が上手く、腕を伸ばして体勢をキープしながらブロッカーをコントロールできる。たとえ2人でブロックされてもエッジを守りきる。

4-3隊形のDEの体重はおよそ260~275 lbs(118~125 kg) が理想とされており、現役選手の平均は279 lbs(126.6 kg)。学生時代のチャンドラーの体重はそれよりも軽かったが、コンバインに260 lbs (118 kg)で現れてパフォーマンスも良かった。

それでもなお"アンダーサイズ"と指摘されることがあり、その延長で学生時代よりひとまわり以上大きいNFLのレフトタックルと勝負できるか疑われていた。ところが、チャンドラーはこれまでのところLTにあたり負けする様子はなく、むしろブロッカーを苦しめているほどだ。

ストライド(歩幅)が大きい分だけタテの動きは力強い。優れたボディバランスをもち足もとを狙うカットブロックも上手く処理できている。嗅覚については評価が分かれるところで、低く評価するアナリストもいる。

ランプレーに対抗する能力が優れている一方で、パスプレーに対抗する能力は一流と言いがたい。学生時代は3年間でQBサックは10個しか記録できていない。左右に動く敏捷性が欠けており、クロージングスピードも不足している。頻繁に上体が伸びきってしまう癖はいただけない。テクニックはどれも未熟だが、その分だけ伸びシロがあるように見える。

patriots2012draft.jpg
Chandler Jones & Dont'a Hightower

Videos
Ultimate Chandler Jones Highlights
Chandler Jones Becomes A Patriot
Patriots pick Chandler Jones No. 21
2012 Combine workout: Chandler Jones



DL

昨年のオフに契約したDEコンビAndre Carter とMark Anderson はそれぞれ10個もQBサックを記録したが再契約せずFA市場に流した。春にJonathan Fanene (05-11 CIN)と3年総額&9.85Mで契約していたが膝の怪我が思わしくないためキャンプの途中でカットした。

ここでは8人のDLをチェックしていく。ほかに#98 DT Marcus Forston, #92 DE Jake Bequette, #94 DE Justin Francis が控えているが今季は未だスクリーメージプレーに参加していないので省略した。

メインは4-3隊形で#50 LDE Rob Ninkovich, #74 LDT Kyle Love, #75 RDT Vince Wilfork, #95 RDE Chandler Jones が並ぶ。両DEはスタンディングセットすることが多い。#71 LDT Brandon Deaderick を混ぜて3-4隊形に切り替えることがあるが、"ハイブリット"と呼べるほど頻繁に使用することはない。


Snap /Overall /Run Defense / Pass Rush (2012年シーズン 2試合, Pro Football Focus より)
2012年シーズン 2試合 Stats
2011年シーズン Stats


#50 LDE Rob Ninkovich
6'2" (188cm), 260 lbs (117.9kg)
112/+0.5/+1.9/-2.4
T-A 2-2, 0.5サック, 0 FF
T-A 43-31, 6.5サック, 1 FF, 2INT

06 NO→07-08 MIA→08 NO→09- NE。Purdue 大学を出てSaints に5巡指名されたがキャンプ中に膝を傷めてしまい開幕前にカットされた。直後にDolphins と契約してDEの控えとしてロスター入り、翌年は3-4隊形のOLBにコンバートされてプレシーズは調子が良かったがロスターに残れずプラクティス・スクワッド(PS)として契約した。そのあとはロスターとPSを行ったり来たり。再びSaints と契約したが足場は固まらなかった。

キャリア初サックを記録したのはPatriots に拾われてからだった。09年にロスター入りすると、11年の半ばに契約延長を果たした。Ninkovich は昨季から全試合に出場しており、今季は開幕から4-3隊形のDEとして112スナップに参加している。Ninkovich はこれまでの経験から4-3隊形のSLBや3-4隊形のOLBもこなせる。


#99 LDE Trevor Scott
6'5" (196cm), 250 lbs (113.4kg)
7/+1.0/+0.0/+1.0
T-A 1-0, 0.0サック, 0 FF
T-A 6-1, 0.0サック, 0 FF (OAK)

08-11 OAK→12- NE。Buffalo 大学を出て6巡指名でNFL入り。40ヤードを4.54秒で走り、102 kgのバーベルを32回連続してあげたアスリート。成績で判断するとプロ入り2年目の09年シーズンがピーク、先発出場は6試合のみだったが43個のタックルと7.0個のQBサックを記録している。翌年は開幕から先発出場の機会をもらうもシーズン半ばにACLを傷めて最後の6試合は欠場した。

Raiders にいた4年間で先発出場は16試合のみ。この間に98個のタックルと13.5個のQBサックを記録した。Scott の本職は4-3隊形のDEだがOLBにコンバートされることもあった。スペシャルチームで9個もタックルを記録したシーズンがあるように、控えにまわってもチームに貢献できる。


#74 LDT Kyle Love
6'1" (185cm), 315 lbs (142.9kg)
91/+3.2/+3.3/+0.0
T-A 4-2, 0.5サック, 0 FF
T-A 20-13, 3.0サック, 1 FF,

Mississippi 州立大学を出て10年にドラフト外でPatriots と契約した選手。昨季から先発に定着、3-4隊形ではNTとしてプレーすることが多かった。Love はWilfork よりひとわまり小さいが力強さはひけをとらない。今季も先発出場してランディフェンスに貢献している。

Video:Kyle Love Highlights 2011

Kyle+Love+San+Diego+Chargers+v+New+England+o5fkmbXZjIgl.jpg
#74 Kyle Love (Jim Rogash/Getty Images North America)


#71 LDT Brandon Deaderick
6'4" (193cm), 305 lbs (138.4kg)
29/-1.4/-0.6/-1.0
T-A 1-0, 0.0サック, 0 FF
T-A 11-6, 2.0サック, 0 FF

10年のドラフト7巡指名から育ててきた選手。出足の鋭さと左右に動くクイックネスがやや不足しているが、アサインされたギャップを安定して守りきるだけの力強さをもつ。Alabama 大学にいた頃から馴染んでいる3-4隊形のDEが最適に見える。今季はDTのうちでWilfork とLove についで29スナップに参加している。4-3隊形のうちどちらか1人の代わりになるときもあれば3-4隊形のDEとしてプレーすることもある。


#75 RDT Vince Wilfork
6'2" (188cm), 325 lbs (147.2kg)
113/+1.6/-0.7/+2.4
T-A 2-3, 0.0サック, 0 FF
T-A 29-23, 3.5サック, 1 FF, 2INT

04年のドラフト1巡21位で指名されてから現在にいたるまで長く活躍している。Wilfork はQB Tom Brady やOG Logan Mankins と並んでPatriots に指名されてから契約延長を重ねて長く在籍している選手の1人。07,09,10,11年にプロボウルとオールプロに選出された。

Wilfork は昨季のChargers 戦でキャリア初となるインターセプトを記録して、そのあとRaiders 戦で2個目のインターセプトを記録した。巨体ながら28ヤード, 19ヤードもリターンしているから凄い。ラン/パスともに強力でプレーメイクもできる。昨季のRavens はCと両OGがとことん苦しめられた。

Videos
'Top 100 Players of 2012': Vince Wilfork
Vince Wilfork Tribute - NFL Defensive Tackle
Sound FX: Vince Wilfork
A different side of Wilfork
Big Y In-Vince-ible

3cacd8_vince_01132011.jpg
#75 Vince Wilfork (Photo by AP)


#75 RDT Ron Brace
6'3" (190cm), 330 lbs (149.7kg)
113/+1.6/-0.7/+2.4
T-A 2-1, 0.0サック, 0 FF
T-A 1-3, 0.0サック, 1 FF,

09年のドラフト2巡全体40位で指名した選手。同じ大学の出身で同じポジションのB.J. Raji はBrace より前に1巡9位でPackers に指名された。NFL.com に登録されている体重はDTのうちでBrace が一番重い。インサイドのランストッパーであり過去3年間でQBサックは0個。デプス上はLove の控えがDeaderick, Wilfork の控えがBrace となっている。


#95 RDE Chandler Jones
6'5" (196cm), 260 lbs (117.9kg)
117/+8.2/+4.3/+3.3
T-A 6-4, 1.0サック, 2 FF
T-A ---, ---サック, - FF

1巡指名のルーキー。先に書いたのでここではスタッツのみとする。パスカバーは3回アサインされており、これはDLのうちで一番多い数字。QBハリーが5個, QBヒットが2個, QBサックが1.0個。PFFのスコアはチーム1番、LB Jerod Mayo より1.3ポイント多い。


#96 RDE Jermaine Cunningham
6'3" (190cm), 255 lbs (115.7kg)
36/+0.3/+0.5/-0.9
T-A 2-1, 1.0サック, 0 FF
T-A 6-1, 0.0サック, 0 FF (OAK)

10年のドラフト2巡全体43位で指名した選手。はじめの2年間で唯一のQBサックはRavens 戦で記録したもの。開幕戦でTitans を相手にキャリア2個目のQBサックを記録した。ハイモーターをもち出足の鋭さに魅力があるが、現在にいたるまで指名順位の期待にこたえる活躍はできていない。今季は主にパスシチュエーションでフィールドに出てくるパスラッシュ要員。開幕戦から好スタートを切っている。

Video:Jermaine Cunningham; Week 6 vs Baltimore Ravens

写真 12-09-21 17 00 29
#95 Chandler Jones, #74 Kyle Love & #75 Vince Wilfork (Jim Rogash/Getty Images North America)


LB

#54 SLB Dont'a Hightower
#55 MLB Brandon Spikes
#51 WLB Jerod Mayo

LBはSEC出身ドラフト上位指名トリオで固定。今季はRob Ninkovich をDEにコンバートしてGary Guyton と再契約しなかったことでBrandon Spikes がフルタイムで出場することになったほか、ドラフト1巡全体25位で指名したDont'a Hightower が即戦力となり先発に定着している。

MLBの控えは09年にドラフト外でBears と契約してからこれまで4回も移籍している#59 Mike Rivera。OLBの控えは10年目のベテラン #58 Tracy White、主にスペシャルチームで活躍している。2人とも開幕から2試合でスクリメージプレーに参加することがなかった。先発3人は優秀だが控えの層が薄いユニット。先に書いたようにいざとなればDE Rob Ninkovich かTrevor Scott をLBとして起用することもできる。

jerodmayo8.jpg
#51 Jerod Mayo


3人のうち1番の実績を持つMayo がほぼ休みなしでフィールドに出ている。Mayo はラン/パスともに高いレベルでプレーができており守備範囲が広い。とくにパスシチュエーションで発揮する能力はリーグのうちでも屈指のもの。

OLBがパスラッシュ(ブリッツ)を仕掛ける回数はHightower が9回(QBハリー 3回)、Spikes が6回(QBヒット 1回)。OLB2人がバックフィールドへ向けて突っ込み、Mayo が自由に動いてプレーメイクする。

Hightower は以前ブログで紹介 (リンク)したとおりの選手。かつてTedy Bruschi がつけていた番号#54をもらい、Chandler Jones と共に今年の1巡コンビはこれまで大成功といえる活躍をしている。開幕戦のビッグプレー"Chandler がストリップサックしてこぼれたボールをHightower が拾ってタッチダウン"(Video)はその一端だ。

Spikes のランストップの能力はかなり優秀。ドラフト2巡全体62位で指名されてからこれまで2年間で怪我や出場停止に苦しんだが、今季こそはプロボウルなどの名誉に縁があるかもしれない。Ravens に対して相性が良いようで、はじめに対戦したときは1試合で16個もタックルを記録しており、昨季のチャンピオンシップでは第4Qにインターセプトした。

Videos
Jerod Mayo Highlights
Patriots pick Dont'a Hightower No. 25
Ultimate Dont'a Hightower Highlights
Patriots Today - A new era for 54
Brandon Spikes Patriots' Highlights

20120204_Team_Image_Mahoney_0495--nfl_large_580_1000 (1)
#55 Brandon Spikes & Owner Robert Kraft


DB

ベース隊形では#32 CB Devin McCourty, #24 CB Kyle Arrington, #25 S Patrick Chung, #28 S Steve Gregory の4人がメイン。DBブリッツはほとんど使用していない。開幕から2試合で相手にしたQBは一流とは言えないがパスの平均喪失距離はわずか202ヤードに抑えている。

Chung は健康さえ維持できればDBのうちで1番のプレーメイカー。Gregory は昨季までChargers にいた選手でプレシーズンからコーチの信頼を得て開幕戦から先発出場している。

McCourty とArrington の両CBはプレーに絡むことが多い。昨季のArrington はリーグで最も多い7個のインターセプトして名を上げた。McCourty はオールプロに選出された翌年に"ソフォモア・スランプ"とも言える成績不振に陥ったが今季は1年目の実力をとり戻したように見える。先週はWR Larry Fitzgerald のゴール前フェイドを1対1で防ぐことがあった。

Kyle-Arrington-2b.jpg
#24 Kyle Arrington


今年のドラフト2巡全体48位で指名した#27 S Tavon Wilson はサブパッケージを中心に全体の半分のプレーに参加している。開幕戦からインターセプト(CB Kyle Arrington がエンドゾーン内で弾いたボールを拾った)を記録した。ドラフト時は指名順位が適当かどうか話題になったが、今のところ順位に見合ったプレーぶりでディフェンスに貢献している。

#29 DB Sterling Moore は開幕戦で1スナップのみだったが第2週は全体の半分のプレーに参加した。#21 DB Ras-I Dowling は開幕戦で全体の半分のプレーに参加して第2週は参加しなかった。Dowling は長い腕をもちタックルの力強さに魅力がある。これまでは怪我に苦しんでいた。Moore といえばあれですねえ。チャンピオンシップでWR Lee Evans が捕ったボールを叩き落した選手。Moore は昨季終盤から実力をあげたが今季はプレシーズンから伸び悩んでいるもよう。

昨季はオフェンスのMatt Slater とJulian Edelman がおよそ100スナップずつDBとして出場したが、今季はこれまで本職に集中している。

Tavon+Wilson+New+England+Patriots+Minicamp+i6X9Yi6iWTJl.jpg
Tavon Wilson (Jim Rogash/Getty Images North America)


Videos
Devin McCourty Rookie Highlights
Sports Science: Devin McCourty
Patrick Chung Highlights
Steve Gregory vs. Oakland 2011
Patriots pick Tavon Wilson No. 48
Tavon Wilson to the Patriots
Ultimate Alfonzo Dennard Highlights


Patriots Special Team

2011年シーズン

#14 P Zoltan Mesko
57回, 2648ヤード, 平均46.5ヤード, ネット 2368ヤード, ネット 平均41.5ヤード
20ヤード以内 24回, フェアキャッチ 18回, リターン 220ヤード, 0TD

#3 Kickoff Stephen Gostkowski
103回, 6757ヤード, 平均65.6ヤード, タッチバック 41回 39.8%
リターン 平均 21.6ヤード, 0TD, オンサイドキック 2回

#3 FG Stephen Gostkowski
合計 28/33 成功率 84.8%, 40-49ヤード 9/11 81.8%, 50ヤード以上 1/2 50.0%

#11 PR Julian Edelman
28回, 296ヤード, 平均10.6ヤード, 最長72ヤード(タイ), 1TD
20ヤード以上 1回, 40ヤード以上 1回, フェアキャッチ 7回, ファンブル 3回

#39 KR Danny Woodhead
20回, 437ヤード, 平均21.9ヤード, 最長37ヤード, 0TD
20ヤード以上 12回, 40ヤード以上 0回, フェアキャッチ 0回, ファンブル 0回

Pro Bowl
ST Matthew Slater (Starter)

All-Pro
ST Matthew Slater (First Team)

Matthew+Slater+Philadelphia+Eagles+v+New+England+yCExpk9XWm3l.jpg
#3 Stephen Gostkowski & #18 Matthew Slater (Jim Rogash/Getty Images North America)


Preview 2


References
ESPN Preview
FOX Preview
TSN Preview
32 Teams in 32 Days: New England Patriots
For Chandler Jones, becoming a New England Patriot is just about perfect
Schefter: Scott agrees with Pats
Posted by you
comment:0   trackback:0
[2012 Season game
comment
comment posting














 

trackback URL
http://youyouyou0.blog119.fc2.com/tb.php/613-9b6a7de7
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。